体験者が語る!生ごみ処理機でエコライフ~その2

前橋市ごみ減量マスコットとして活躍中の僕、ラジアスが、実際に「生ごみ処理機」を使ったエコライフを実践している方を紹介いたします。

電動式生ごみ処理機!

電動式生ごみ処理機の写真

今回は、市内在住のDさんのご協力のもと取材をさせていただきました。

Dさんのお宅では台所の隅で電動式生ごみ処理機を使用していますが、少しの隙間にもスッポリ収まっています。

Dさんに使ってみた感想を聞きました。

可燃ごみの量が1/3に減った!

ごみ出しが楽になるね!

「以前は可燃ごみが3袋くらい出ていましたが、生ごみ処理機を使うようになってから1袋に減ったんです。」

「前橋市から出るごみの約8割は『可燃ごみ』と言われているから、単純に考えると、Dさん宅ではごみ全体の量が激減していることになるね!」

操作はとても簡単!

(図)処理の手順

「我が家では、一日の生ごみをためておき、処理機のタイマーを使って夜中の寝ている間に処理をしています。寝ている間も音は特に気になりません。」

多くの方に使って欲しい!

処理後の生ごみ

「夏場のにおいが気になって電動式生ごみ処理機を購入したのですが、量も減ってとても便利です。ぜひ多くの方に使って欲しいですね。」 生ごみ処理機購入費の一部を助成しています!

この記事に関する
お問い合わせ先

環境部 ごみ減量課

電話:027-898-6272 ファクス:027-223-8524
〒371-8601 群馬県前橋市大手町二丁目12番1号
お問い合わせはこちらから

更新日:2019年02月01日