ごみ収集車の火災事故多発!

ごみ収集車の火災事故が多発しています。原因はカセット式ガスボンベや、スプレー缶などに入っている可燃性ガスです。

平成27年2月に「不燃ごみ」を搬送中に発生した火災事故では、収集車両が全損・廃車となりました。

ごみ収集車の火災事故件数

火災事故の写真
  • 平成19年度 11件
  • 平成20年度 8件
  • 平成21年度 4件
  • 平成22年度 4件
  • 平成23年度 5件
  • 平成24年度 2件
  • 平成25年度 5件
  • 平成26年度 3件
  • 平成27年度 1件
  • 平成28年度 2件
  • 平成29年度 1件

いずれも不燃ごみ収集中に発生しています。

写真の事故は、搬送中に火災が発生して廃車となった平成27年2月の事故です。

スプレー缶、カセットガスボンベ、ライターの出し方

出し方のイラスト
  • 中身を使い切り
  • 資源ごみの日に
  • 黄色コンテナに

出してください。 不燃ごみと一緒に出すと、非常に危険です。

ご協力をお願いいたします。

小形充電式電池の出し方

小形充電式電池は集積場所に出すことはできません。

商品から小形充電式電池を取り除き、お近くの「リサイクル協力店」へお持ちください。

商品に小形充電式電池が付いたまま、不燃ごみと一緒に出すと、非常に危険です。

詳しくは、下記リンクより「小形充電式電池、ボタン電池のリサイクルについて」をご覧ください。

小形充電式電池のイラスト

この記事に関する
お問い合わせ先

環境部 ごみ減量課

電話:027-898-6272 ファクス:027-223-8524
〒371-8601 群馬県前橋市大手町二丁目12番1号
お問い合わせはこちらから

更新日:2019年02月01日