新型コロナウイルスに伴う生活の変化で不安になっている人へ

新型コロナウイルス感染防止のために、私たちの生活にも様々な変化がありました。特に、自粛前のような生活を再開する見通しが立たずにいる方は今も大きな不安を感じてらっしゃると思います。

ストレスをため込んでしまうと、心や体に様々な変化が現れることがあります。マスク

〈気持ちの変化〉涙もろくなる・イライラする・気分の浮き沈みが激しい・自分を責めてしまう・投げやりになる・怒りっぽくなる・不安に感じることが多くなる・緊張が解けない・誰とも話す気にならない

〈からだの変化〉眠れない・眠気が取れない・悪夢・同じ夢を見る・目まい・頭痛・肩こり・疲れやすい・食欲不振・過食・吐き気・胃痛

〈考え方の変化〉考えがまとまらない・記憶力の低下・同じことをくり返し考える・皮肉、悲観的な考え方をする

まずはお電話を

心がつらいと感じたら、ひとりで抱え込まず、まずはお電話ください。一緒に気持ちや考えを整理してみましょう。悩みの種類にあった専門の相談窓口をご案内することも可能です。

前橋市保健予防課や群馬県では、相談窓口を開設してい電話ます。

■前橋市保健予防課 電話027-220-5787
月~金曜(祝日を除く)午前8時30分~午後5時15分
こころの相談をお受けします。来所による相談も可能です。

■群馬県こころの健康センター電話相談
電話027-263-1156
月~金曜(祝日を除く)午前9時~午後5時
土日祝日(午前9時~午後1時30分)も相談を随時延長中です。延長期間はこころの健康センターホームページでご確認ください。

■こころの健康相談統一ダイヤル
電話0570-064-556(おこなおう、まもろうよ、こころ)
月~金曜(祝日を除く)午前9時~午後10時
自殺予防のための相談電話です。通話料のほか利用料がかかります。

 

 

 

大切な人の悩みに気づいたら

この記事に関する
お問い合わせ先

健康部 保健予防課 こころの健康係

電話:027-220-5787 ファクス:027-223-8856
〒371-0014 群馬県前橋市朝日町三丁目36番17号(保健所1階)
お問い合わせはこちらから

更新日:2020年07月18日