熱中症警戒アラート(試行)の先行実施について

「まちの安全ひろメール」で熱中症警戒アラート(試行)が配信されます!

前橋市のまちの安全ひろメールに、携帯やパソコンのメールアドレスを登録(配信種別の▢気象情報を選択)すると、熱中症警戒アラート発表時にメールが配信されます。

この機会にぜひ、ご登録してみてください。

「まちの安全ひろメール」登録方法(PDFファイル:538.1KB)

 

 

 

熱中症警戒アラート(試行)とは

環境省・気象庁が新たに提供する、暑さへの「気づき」を呼びかけるための情報です。国民の熱中症予防行動を効果的に促すことを目的に、熱中症の危険性が極めて高い暑熱環境が予測される際に発表されます。

令和2年度夏(7月1日~10月28日)は、関東甲信地方(東京都、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、神奈川県、山梨県、長野県)において先行的に実施されます。

熱中症警戒アラート(試行)の概要(PDFファイル:388.6KB)

発表方法について

高温注意情報の発表基準をこれまでの気温から暑さ指数(WBGT)に換え、「熱中症警戒アラート(試行)」として情報が発表されます。

関東甲信地方以外は例年通り気温を基準とした高温注意情報が発表されます。

発表の基準について

都県内のどこかの地点で暑さ指数(WBGT)が33℃を超える場合に発表されます。

注意:暑さ指数(WBGT)の単位は気温と同じ摂氏度(℃)で示されますが、その値はいわゆる気温とは異なります。

詳しくは、暑さ指数(WBGT)について学ぼうをご覧ください

発表の地域単位について

都県単位で発表されます。

● 該当都県内の観測地点毎の予測される暑さ指数(WBGT)も情報提供されます。

発表のタイミング

前日の17時頃及び当日の朝5時頃に最新の予測値を元に発表されます。

情報の伝達方法について

アラートは、気象庁の防災情報提供システムを通じて地方公共団体や報道機関等に対して発表されます。

また、同時に気象庁のウェブサイト及び環境省熱中症予防情報サイトに掲載されます。

 

発表時の熱中症予防行動例について

~日頃から実施している熱中症予防対策を普段以上に徹底することが重要です~

● 普段以上に屋内の気温・湿度、あるいは暑さ指数(WBGT)を確認し、エアコン等を適切に使用する。

● 不要・不急の外出を避け、涼しい屋内で過ごすようにする。

● 高齢者、障害者、子ども等に対しては周囲の方々から特に声をかける。

● 空調機器が設置されていない屋内及び屋外での運動や活動等の中止・延期等を検討する。

熱中症警戒アラート(試行)発表時の予防行動(PDFファイル:436.1KB)

 

発表時の日常生活・運動における熱中症予防行動例[引用:環境省・気象庁資料]

対象者(場所)

日常生活・運動における行動例

一般国民
外国人
(公衆、住宅)

涼しい部屋に移動し、エアコン等を適切に活用する。不要、不急の外出を避ける。
建物や木の陰等の日射を遮れる場所もしくは涼しい屋内に移動する。

高齢者・障害者
(住宅)

部屋ではエアコン等を適切に活用し、定期的に水分・塩分補給を行う。

児童生徒等
(学校)

学校等は、児童生徒等を涼しい屋内に誘導する。エアコン等が設置されていない屋内及び屋外での運動、校外活動等の中止・延期等を検討する。必要に応じて、臨時休業の設定等の柔軟な対応をする。

農業従事者
(田・畑・

樹園地・

農業用施設)

日中の気温の高い時間帯の作業をできるだけ避ける
作業前と作業中の水分・塩分補給やこまめな休憩をこころがける。帽子や吸汗速乾素材の衣類を着用する、屋内作業では送風機やスポットクーラーを利用するなど、熱中症予防に有効な商品を活用する。単独での作業を避け、異常がないかお互いに声を掛け合う

労働者
(仕事場・

工事現場)

事業者は、熱中症警戒アラートを受けて、各現場のWBGT値を再確認の上、作業時間の短縮や作業内容の変更等を検討する。
こまめな休憩及び水分・塩分補給の徹底を図る。

暑さ指数(WBGT)関連サイト(環境省)

この記事に関する
お問い合わせ先

健康部 健康増進課

電話:027-220-5783 ファクス:027-223-8849
〒371-0014 群馬県前橋市朝日町三丁目36番17号
お問い合わせはこちらから

更新日:2020年06月30日