ジェネリック医薬品を推奨しています

ジェネリック医薬品をご利用いただくことで、皆様の窓口負担の軽減とともに、健康保険財政の負担軽減になります。医療保険制度を次の世代に引き継ぐための社会貢献でもあります。

ジェネリック医薬品とは

ジェネリック医薬品(後発医薬品)とは、新薬(先発医薬品)の特許が切れた後に製造販売される、新薬と同一の有効成分を同一量含み、同一の効能・効果をもつ医薬品のことです。開発にかかる費用が大幅に削減されるため、一般的に患者さんに安く提供されます。
詳しくは下記関連サイトをご覧ください。

ジェネリック医薬品の特徴

・新薬と比べ安価なため、お薬代を節約できます。お薬の価格は3割以上、中には5割以上安くなる場合もあります。長期にわたる慢性疾患の薬などをジェネリック医薬品に変えると医療費節約の効果が大きくなります。

・製品によっては、新薬よりも飲みやすくなるように薬の大きさや味、においの改良や、湿気や光に弱いなどの品質面の改善による保存性の向上など、よりよく工夫されたものもあります。

・国の厳格な審査を受け、品質・安全性を認められているので、安心してお使いいただけます。

ジェネリック医薬品に切り替えるには

診療を受けている医師や歯科医師、調剤をしてもらう薬剤師にジェネリック医薬品への切り替えについてご相談ください。

ジェネリック医薬品への切り替え時の留意点等について

・すべてのお薬にジェネリック医薬品があるわけではありません。お薬によっては新薬しかない場合もあります。

・一部のジェネリック医薬品については、認可されていますが未発売のものや製造・在庫の状況により取り扱えない場合があります。

・ジェネリック医薬品に切り替える際には、病名や病状等により切り替えできなかったり、他のお薬との飲み合わせが変わってくることもありますので、診療を受けている医師や歯科医師、調剤をしてもらう薬剤師に十分相談したうえで切り替えてください。

・院内処方を院外処方に切り替えた場合、処方箋料等の有無により、自己負担額があまり変わらない場合や、まれに高くなることがあります。

「ジェネリック医薬品に関するお知らせ」を発送しています

国民健康保険加入者で、一定の条件を満たす方を対象に、現在使用している新薬からジェネリック医薬品に変えた場合、自己負担額がどれだけ軽減できるかを試算した通知を送付しています。8月下旬と2月下旬の年2回、圧着ハガキにて送付しています。

ジェネリック医薬品に関するお知らせ送付月
送付月 対象調剤月
8月下旬 6月
2月下旬 12月

(例)6月調剤分は、8月下旬発送の通知に記載。
(注意)送付先の変更や差し止めを希望される場合は事前に届出をしてください。

【ジェネリック医薬品に関するお知らせ】イメージ

ジェネリック医薬品に関するお知らせイメージ画像
ジェネリック医薬品に関するお知らせイメージ画像2

ジェネリック医薬品差額通知コールセンター

ジェネリック医薬品について、ご不明な点がありましたら下記のコールセンターまでお気軽にお問い合わせください。
フリーダイヤル 0120‐53‐0006 (通話料無料)
問い合わせ時間 9時~17時(土曜、日曜、祝日、年末年始を除く)

ジェネリック医薬品希望シールを配布しています

前橋市役所国民健康保険課(22番窓口)、支所、市民サービスセンター、公民館において、ジェネリック医薬品希望シールを配布しています。保険証やお薬手帳に貼って窓口で提示するだけで、医師や薬剤師にジェネリック医薬品の希望を伝えることができます。

【ジェネリック医薬品希望シール】イメージ

ジェネリック医薬品希望シールイメージ画像

ジェネリック医薬品の利用が増えています

前橋市国民健康保険に加入されている方は、切り替え可能なもののうち、約81% ((注意)令和2年8月診療分)のお薬をジェネリック医薬品に切り替えています。多くの方に利用されています。

ジェネリック医薬品利用率のグラフのイラスト

関連サイト

この記事に関する
お問い合わせ先

健康部 国民健康保険課 国保医療係

電話:027-898-6249 ファクス:027-243-9243
〒371-8601 群馬県前橋市大手町二丁目12番1号
お問い合わせはこちらから

更新日:2020年10月29日