令和5年度子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯分)

食費等の物価高騰の影響を特に受ける低所得の子育て世帯(ひとり親世帯)に対し、特別給付金を支給します。

ひとり親世帯でない方は、下記リンク「令和5年度子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯以外のその他世帯分)」より詳細をご覧ください。

対象者

1.令和5年3月分の児童扶養手当受給者
申請不要です。

2.公的年金等※1受給中で令和5年3月分の児童扶養手当を受給していない方で、申請者および同居親族の令和3年中の収入額が児童扶養手当の対象水準である方
申請が必要です。

3.物価高騰の影響を受けて収入が児童扶養手当受給者と同じ水準になっている方(家計急変世帯)(児童扶養手当を申請したことがない方も、支給要件※2を満たせば対象になります)
申請が必要です。

※1 公的年金等とは、遺族年金、老齢年金、障害年金、労災年金、遺族補償などです。
※2 児童扶養手当の支給要件については児童扶養手当制度の案内ページをご覧ください。
※3 いずれの場合も、ひとり親世帯以外のその他世帯分として受給済みの方は対象外となります。

手続きや必要書類等

1. 令和5年3月分の児童扶養手当受給者

申請不要です。

対象の方には、5月18日(木曜)に支給済みです。

 

2. 公的年金等受給中などで、令和5年3月分の児童扶養手当を受給していない方

申請が必要です。

該当する方は、下記の書類を提出してください。

提出された書類から、給付金の支給要件に該当するかを審査し、審査結果を郵送します。支給日は、審査結果通知に記載してあります。

申請に必要な書類

・子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯)申請書(公的年金受給者用)
・児童扶養手当の支給要件を確認できる書類(戸籍謄本など)※1
・簡易な収入額の申立書(本人用)(公的年金受給者用)
簡易な収入額の申立書(扶養義務者等用)(公的年金受給者用)
・簡易な所得額の申立書(公的年金受給者用)
・本人及び同居親族※2の令和3年中の収入額が分かる書類(令和4年度所得証明書など)※3
・令和3年中の年金額が分かる書類(年金決定通知書、年金額改定通知書、年金振込額通知書など)
・本人確認書類のコピー(運転免許証、マイナンバーカード、在留カードなど)
・受取口座の通帳またはキャッシュカードのコピー(マイナンバーカード連携済みの公金受取口座指定の方は不要)

※1 児童扶養手当の認定を受けているが、支給が全額停止となっている方は不要です。
※2 同居親族とは、同住所地にお住まいの直系親族及び兄弟姉妹です。世帯が別でも審査対象となります。
※3 令和3年中の収入が分かる書類は、令和4年1月1日時点で前橋市に住所がある方は不要です。

 

3.物価高騰の影響を受けて収入が児童扶養手当受給者と同じ水準になっている方(家計急変世帯)

申請が必要です。

物価高騰の影響とは、電気・ガス・食料品等の価格高騰により勤め先が経営難に陥り、勤務調整や退職を余儀なくされた場合や、就職を希望しているが、物価高騰の影響により就職が難しくなった場合などをいいます。

自己都合での休職・退職は非該当となります。

該当する方は、下記の書類を提出してください。

提出された書類から、給付金の支給要件に該当するかを審査し、審査結果を郵送します。支給日は、審査結果通知に記載してあります。

申請に必要な書類

・子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯分)(家計急変者用)
・児童扶養手当の支給要件を確認できる書類(戸籍謄本など)※1
・簡易な収入額の申立書(本人用)(家計急変者)
・簡易な収入額の申立書(扶養義務者用)(家計急変者)
・簡易な所得額の申立書(家計急変者)
・本人及び同居親族※2の収入を確認できる書類※3
・本人確認書類のコピー(運転免許証、マイナンバーカード、在留カードなど)
・受取口座の通帳またはキャッシュカードのコピー(マイナンバーカード連携済みの公金受取口座指定の方は不要)

※1 児童扶養手当の認定を受けているが、支給が全額停止となっている方は不要です。
※2 同居親族とは、同住所地にお住まいの直系親族及び兄弟姉妹です。世帯が別でも審査対象となります。
※3 収入を確認する書類とは、給与収入のある方は令和5年1月以降の任意の1か月分の「給与明細書」など、自営業の方は令和5年1月以降の任意の1か月分の「帳簿」や「売上台帳」などです。令和5年4月以降に児童扶養手当が認定された場合は、認定月以降の書類が必要です。無収入の場合は、無収入の理由について申立書に記入してください。

 

申請手続きについて

申請受付期間
令和5年5月29日(月曜)から令和6年2月29日(木曜)(消印有効)まで

申請・お問い合わせ先
〒371-0014 前橋市朝日町三丁目36-17前橋市保健センター2階 こども支援課
電話 027-220-5701

なお、申請が必要な方の対象児童は、平成17年4月2日から令和6年2月29日までに生まれた児童です。

参考

収入基準額表

扶養人数 申請者本人(父または母)の限度額 養育者や同居親族等の限度額
0人 3,114,000円 3,725,000円
1人 3,650,000円 4,200,000円
2人 4,125,000円 4,675,000円
3人 4,600,000円 5,150,000円
4人 5.075.000円 5,625,000円
5人 5,550,000円 6,100,000円
  •  扶養親族が6人以上いる場合は、1人 増えるごとに475,000円追加されます。
  • 収入は、「給与収入」のほか、「養育費」「事業収入または不動産収入」「年金収入(遺族年金・障害年金・老齢年金など)」を合計した金額です。
  • 上記の収入基準で審査しますが、事業収入などがある場合、経費等を差し引いた所得による審査も可能です。
  • 同居親族がいる場合には、本人及び同居親族それぞれの収入が限度額に収まっていることが必要になります。
  • 限度額は、本人及び同居親族それぞれの扶養親族数によって異なります。

この記事に関する
お問い合わせ先

こども未来部 こども支援課 こども政策係

電話:027-220-5701 ファクス:027-243-6474
〒371-0014 群馬県前橋市朝日町三丁目36番17号
お問い合わせはこちらから

更新日:2023年04月21日