前橋市赤城少年自然の家の指定管理者候補者選定結果

施設名

前橋市赤城少年自然の家

指定管理者候補者の選定結果

指定団体名

株式会社NSP群馬

指定期間

令和2年4月1日から令和7年3月31日まで

1 応募した団体

  1. 株式会社NSP群馬
  2. 株式会社ジェイネット

2 指定管理者の選定

(1)選定の方法

「前橋市赤城少年自然の家指定管理者選定委員会」を組織し、施設を管理する能力等を総合的に勘案した選定とするため、選定基準に基づく採点評価項目を設けて、各委員による採点評価を行い、その集計結果をもって協議の上、指定管理者の候補となる団体を決定する方法とした。

(2)選定委員

1.学識経験者(2人)
田子宏美委員(中小企業診断士)、鈴木啓司委員(税理士)
2.有識者(3人)
剱持雅信委員(青少年育成指導者)、狩野亮一委員(富士見商工会長)、涌沢雅子委員(前橋市立荒砥中学校長)
3.前橋市職員(1人)
山中茂樹委員(指導担当次長)

(3)選定の基準

次の事項を総合的に勘案し、最も適当であると認められる団体を選定した。

1.施設の管理運営を安定的に行うことができる能力を有し、意欲と熱意があること。
2.管理運営の考え方や計画内容が適正かつ効果的であること。
3.児童・生徒等利用者の目線に立った管理運営ができること。
4.利用者のニーズの把握とサービスの向上を図ることができること。
5.施設の平等な利用が確保されること。
6.体験活動の充実という教育課題及び豊かな自然環境の中で、自然体験活動及び野外活動を通じて、心身ともに健全な青少年の育成を図るために設置した施設であることを理解し、これに取り組む意欲、熱意及び能力があること。
7.広く赤城少年自然の家及び赤城山の魅力を伝える事業の実施並びに関連する情報の発信を推進できること。
8.経費の見直し及び縮減を図ることができること。
9.危機管理及び安全管理に関する意識が高いこと。
10.地元自治会、地域団体その他の自然体験活動に取り組む団体等との連携を図ることができること。

(4)選定委員会

1.開催期日

第1回選定委員会 令和元年10月21日
第2回選定委員会 令和元年10月31日

2.選定

採点評価項目等及び配点について協議した結果、妥当なものと決定され、選定の方法に基づいて書類審査と応募2者による面接及びヒアリング審査を実施し、採点評価の集計結果を基に協議の上、指定管理者となる団体を決定した。

   採点表(PDF:139.9KB)

(5)主な選定理由

採点評価の結果、最高得点者であり、安定的かつ効率的な管理運営が期待できること、安全管理が適切に考えられていること、四季折々を活かした体験プログラムの提案があることなどを総合的に判断して最も評価できる団体であること。

この記事に関する
お問い合わせ先

教育委員会事務局 青少年課

電話:027-898-5872 ファクス:027-223-5456
〒371-8601 群馬県前橋市大手町二丁目12番1号
お問い合わせはこちらから

更新日:2019年11月22日