【受付は終了いたしました】主食用米生産者に支援金を支給します

新型コロナウイルス感染症等の影響による米価の下落により、経済的な影響を受けた主食用米生産者に対して、営農意欲の維持と農業経営の安定を図ることを目的に支援金を支給します。

対象者

次の全ての要件に該当する農業者とします。

  1. 前橋市内に居住する個人事業主又は前橋市内に事業所を置く法人であること。
  2. 令和4年度水稲生産実施計画書及び経営所得安定対策の交付金に係る営農計画書兼水稲共済加入申込書(以下、「営農計画書」という。)を前橋市農業再生協議会に提出しており、かつ営農計画書に30アール以上の主食用米の記載があること。
  3. 令和5年度以降も水稲作付けを継続する意思があること。
  4. 市税等の滞納がないこと。

支援金額

主食用米作付面積10アールあたり5,000円(千円未満切り捨て)

ただし、1経営体あたりの上限額30万円

 申請は一回限りとします。

申請書類

  1. 令和4年度前橋市主食用米生産者支援金申請書兼誓約書
  2. 振込先口座が確認できる書類(通帳表紙の裏面の写し)

  申請書兼誓約書はこちらから(Wordファイル)

※対象者には、9月下旬頃に申請書等を送付します。

申請期間

令和4年9月26日(月曜日)から令和4年10月31日(月曜日)まで

申請方法

申請期間内に、農政課の窓口まで持参又はファックス、郵送、電子メールにてご提出ください。

審査後、支援金額を確定し、11月から12月頃に支援金を指定の口座へ入金いたします。

提出先

以下のどちらかまでご提出ください。

  1.  前橋市役所農政課農産園芸係(〒371-8601前橋市大手町二丁目12番1号 7階)
     窓口:8時30分から17時15分まで(土日祝日を除く)
     ファックス:027-223-8527
     郵送:当日消印有効
     メール:nousei@city.maebashi.gunma.jp
     メール送信の場合は、確認のため市がメール受信後、市から受信した旨のメールを返信します。メール送信後、2日経過しても市からの返信がない場合には、お手数ですがご連絡ください。
  2. 前橋市農業協同組合各営農センター

新ぐんまチャレンジ支援金のご案内

群馬県では、コロナ禍に加え、原油価格・物価高騰による業況が厳しい中小事業者等を対象に、ウィズコロナに向けた前向きな取組を後押しするため、支援金を支給しています。詳細は、群馬県のホームページをご確認ください。

※前向きな取組例:省エネ仕様のビニールハウスへの転換、コスト削減につながる機器導入など

※市の補助金等との重複受給が可能です。(国や県の補助金等との重複受給はできません)

関係資料

この記事に関する
お問い合わせ先

農政部 農政課 農産園芸係

電話:027-898-6704又は027-898-6707 ファクス:027-223-8527
〒371-8601 群馬県前橋市大手町二丁目12番1号
お問い合わせはこちらから

更新日:2022年11月01日