前橋まちなか新聞VOL.35、インテリアと雑貨の店 ワンダーフォーゲル

ワンダーフォーゲル

渡り鳥は、広瀬川で羽を休める。

店主 関 隆行(せき たかゆき)

ワンダーフォーゲル店主の写真

前橋まちなか新聞VOL.35

ライトの写真

初めて買った家具でもある思い入れ深いコンスタンチン・グルチッチのライト。

バックの写真

F R E I TA Gを取り扱うため、担当者に市街を案内し口説き落としたという。

住所:前橋市住吉町1-3-13
電話番号:027-288-0311
営業時間:10時から13時、14時から19時
定休日:火曜日、日曜日

Website url

http://www.e-intime/jp/wandervogel/

ワンダーフォーゲル=渡り鳥。
広瀬川のほとりにインテリアと雑貨の店「ワンダーフォーゲル」はある。
店名の由来でもあるヒット曲をもつバンド・くるりの岸田繁がブログで取りあげたこともある隠れた名店だ。
長く使える良品を人から人へ、過去から未来へと受け渡していく、というコンセプトの通り、この店では渡り鳥のように商品が次なる所有者の元へと飛んでいく。
店主の関さんはオーナーではなく会社員。オーナーは所属する会社という一風変わった形態で運営されている。長らくインテリアショップをやりたかった関さんが会社を説得し、サラリーマンをやりながら店を任されるようになったという。案外渡り鳥はしたたかなのだ。
店を開くなら青春を過ごした『まちなか』で、と決めていた。川向こうに街並みを望むこの物件は一目惚れだった。「商品が繋がっていくように、人と人が繋がっていく。そんな空間になりたい」と微笑む関さん。今日も店は来訪者を優しく迎えいれる。渡り鳥たちの止り木のように。

まちなかの魅力的なお店やイベントを紹介する「まちなか新聞」が発行されました。ぜひ、ご覧ください。

前橋市内のイベントはこちらでも検索できます

この記事に関する
お問い合わせ先

産業経済部 にぎわい商業課 商業振興係

電話:027-210-2188 ファクス:027-237-0770
〒371-0023 群馬県前橋市本町二丁目12番地1号 K'BIX元気21まえばし 1階
お問い合わせはこちらから

更新日:2021年08月18日