前橋まちなか新聞VOL.33、イタリアン Ravigote(ラ・ヴィゴット)

Ravigote

この店は、私を”ハイ”にしてくれる。

店主 岩崎 利哉( いわさき としや)

Ravigote(ラ・ヴィゴット)店主の写真

まちなか新聞VOL33

ランチメニューのスパゲティの写真

ランチメニューのスパゲティは、トマト、クリーム、塩、シェフのオススメの4種類。毎週水曜に新メニューが発表される。

サラダの写真

サラダなどの野菜には新鮮な食材を使用。天候や気温に合わせドレッシングも変えている。

書の写真

「料理の極意それは研究と愛情と真心にある」。カリスマシェフ“ムッシュ”村上信夫さんから貰った言葉はそのまま料理へのスタンスとなっている。

Ravigote(ラ・ヴィゴット)位置図写真

前橋市街地地図

住所:前橋市千代田町2-7-2
電話番号:027-219-2225
営業時間:11時から16時( L.O.15時30分)、17時から22時( L.O.21時30分)
定休日:火曜日、日曜日はランチのみ

前橋テルサの裏通り。路地裏のひっそりとした店構えとは裏腹な明るい店名を持つお店が「Ravigote(ラ・ヴィゴット) 」だ。
「元気づける、元気を出させる」という語源のままに、お店の料理を口にした人が元気になってほしいという想いがその名には込められている。店主の岩崎利哉さんがこの名を付けたお店を持ちたいと考えるようになったのは高校生の時。包丁の握りから接客まで、料理人としての基礎となるすべてを学んだという“まちなか”にあった洋食屋「ふらいぱん」でアルバイトをしていた頃だった。培った基本をベースにしながら、高校卒業後は東京でフレンチ、群馬ではイタリアンやインド料理と、ジャンルを超えて、自分の料理に必要と思ったものを学べる場所に次々と飛び込んでいった。料理を引き立てる色彩感覚を学ぶことが重要だと考え、花屋で働いたこともあるという。
「“まちなか”で一番美味しいと言われるお店になりたいです。生まれ育ったこの空間で、食べてもらうだけでなく驚きや発見のある料理を作っていきたい」。と、飄々と語る岩崎さん。
考え抜いて作られたパスタをあえてスパゲティと呼ぶように、生まれ持った遊び心は今日も誰かを“ハイ(元気)”にする。

まちなかの魅力的なお店やイベントを紹介する「まちなか新聞」が発行されました。ぜひ、ご覧ください。

前橋市内のイベントはこちらでも検索できます

この記事に関する
お問い合わせ先

産業経済部 にぎわい商業課 商業振興係

電話:027-210-2188 ファクス:027-237-0770
〒371-0023 群馬県前橋市本町二丁目12番地1号 K'BIX元気21まえばし 1階
お問い合わせはこちらから

更新日:2021年08月18日