前橋まちなか新聞VOL.32、スープカリー専門店 元祖札幌ドミニカ前橋本店

元祖札幌ドミニカ前橋本店

まちなかに爆誕。札幌スープカレーのDNA。

店主 鈴川 翔太(すずかわ しょうた)

元祖札幌ドミニカ前橋本店店主の写真

まちなか新聞VOL32

スープカリー4種類の写真

右下から黄(オリジナル)/黒(とんこつ)/白(豆乳)/赤(トマト)。どの味もダシとスパイスがしっかり効いている。辛さとトッピングもお好みで。

店内の写真

清潔感とゴージャスさの中にこだわりが詰まった内装は、店長の父親がすべて仕上げたという。

元祖札幌ドミニカ前橋本店のロゴマーク

「元祖」を名乗れるのは北海道のお店以外では初めて。本場の味を正しく受け継いでいる証といえる。

元祖札幌ドミニカ前橋本店の地図

スープカリー専門店 元祖札幌ドミニカ前橋本店

住所:前橋市本町2-7-6 DKビル2F
電話番号:027-212-8973
営業時間:月曜日から金曜日11時30分から L.O.14時30分、火曜日から土曜日17時から25時
定休日:日曜日
夜は「CALM」として営業中

札幌のとある喫茶店が生み出したスープカレーは、今や北海道のソウルフード。
そんな最北の地で愛されるカレーを“まちなか”で味わえるお店が「元祖 札幌ドミニカ 前橋本店」だ。
ミシュランガイド北海道2017にも掲載された名店で腕を磨いた店長は、若干23歳の鈴川翔太さん。
父親が経営するレストランバー「CALM」がランチ営業もしたいと考えていたところに、すすきのにあるドミニカ総本店での修行の話が舞い込んだという。
似たようなネーミングの店が東京にもあるが、元祖は名乗れないとのこと。そう、北海道以外で初の直系店が群馬に登場したということなのだ。ありがたや。
ベースとなる4種類のカレースープやチキンやポーク、ハンバーグなど種類豊富なトッピングも、本家のメニューを正統に受け継いだもの。
「おかげさまでランチはもちろん、夜もスープカレーを食べに来てくれるお客様が増えてきました。お酒を飲まない方のカレーだけでのご来店もウェルカムですので気軽に食べに来て欲しいです。このペース
でファンを増やしていきながら、前橋をベースに、他県、いつかは海外にも出店していきたいですね」と、夢を語ってくれた鈴川さん。
北の大地のソウルフードが、“まちなか”経由で世界へ。食の大移動が前橋から始まるのだ。

まちなかの魅力的なお店やイベントを紹介する「まちなか新聞」が発行されました。ぜひ、ご覧ください。

前橋市内のイベントはこちらでも検索できます

この記事に関する
お問い合わせ先

産業経済部 にぎわい商業課 商業振興係

電話:027-210-2188 ファクス:027-237-0770
〒371-0023 群馬県前橋市本町二丁目12番地1号 K'BIX元気21まえばし 1階
お問い合わせはこちらから

更新日:2021年08月18日