クラウドファンディング型ふるさと納税トップページ

クラウドファンディング型ふるさと納税とは

ふるさと納税の寄附金使途を自治体の社会課題を解決できるプロジェクトに設定し、そのプロジェクトに共感を得た方から寄附を募る仕組みです。
プロジェクトの運営主体を地方自治体に限定しており、資金を募りたい方と出資したい方をマッチングさせて資金を集める「クラウドファンディング」の仕組みを活用しています。
公共の利益のために資金調達し、お金を活用する仕組みとなっており、納税先や資金使途が明らかで住民の税への関心を高め、地域課題の解決への寄与を期待される、新しいふるさと納税のかたちです。

クラウドファンディンふるさと納税の例

(ふるさとチョイスウェブページより参考抜粋)

実施中のプロジェクト

現在、支援募集中のプロジェクト一覧です。

【前橋市×南スーダン 夢の東京五輪出場】プロジェクト

 

プロジェクト詳細はこちら


ふるさと納税で支援する

 

募集期間:2019年4月1日(月曜日)~2020年3月31日(火曜日)

よくある質問

Q1 私は前橋市民ですが、ふるさと納税(プロジェクトの支援)はできますか。

前橋市民の方であっても、ふるさと納税(プロジェクトの支援)は可能です。

総務省からの要請により市民の方に返礼品をお贈りすることはできませんが、通常のふるさと納税と同様に、自己負担額2000円を除く全額が税額控除の対象となります。

なお、通常市民の方が市税を納めるときは「市税の使い道」を選べませんが、ふるさと納税(クラウドファンディング型ふるさと納税を含む)では使い道を選ぶことができるので、思いを市政に直接反映できるようになります。

Q2 プロジェクトの支援方法を教えてください。

クラウドファンディング型ふるさと納税専用サイト(ふるさとチョイス)と、申込書(郵送・ファックス)で支援の申し込みができます。

Q3 クラウドファンディング型ふるさと納税と、普通のふるさと納税の違いを教えてください。

クラウドファンディング型ふるさと納税は、「寄附金の使い道をはっきりと明確にして寄附金を集める」仕組みとなっているところが、通常のふるさと納税との違いです。

目標金額を設定し、現在どのぐらいの寄附が集まっているのかを見える化することで、寄附をする方の共感を得やすい仕組みになっており、特に、社会貢献に関心がある方から注目を浴びています。

なお、クラウドファンディング型ふるさと納税は、通常のふるさと納税と同様に、自己負担額2000円を除く全額が税額控除の対象となります。

Q4 返礼品(お礼の品)はもらえますか。

支援するプロジェクトにより異なります。「ふるさと納税で支援する」のリンク先で、ご確認をお願いします。

 

「ふるさと納税」について詳しくはこちら

関連ページ

この記事に関する
お問い合わせ先

政策部 未来の芽創造課 シティプロモーション係 ふるさと納税担当
電話:027-898-6641 ファクス:027-224-3003
〒371-8601 群馬県前橋市大手町二丁目12番1号
お問い合わせはこちらから

更新日:2019年04月01日