臨江閣のライトアップを実施しています

前橋市が誇る風景や歴史的建造物をライトアップすることで、新たな賑わいの創出や、まちの資源の再発見に繋げる光のまちづくり推進プロジェクト。

2017年9月にリニューアル工事を完了し、国の重要文化財に指定された臨江閣のライトアップを実施しています。

2020年4月から、臨江閣のライトアップが一新されました。
これまで実施していた臨江閣別館に加え、臨江閣本館と日本庭園もライトアップしています。

これまでとは一味違うライトアップになっています。是非ご覧ください。

臨江閣ライトアップ
臨江閣ライトアップと桜

点灯期間

平成29(2017)年8月11日(金曜・祝日)から令和2(2020)年10月末日まで(予定)
平成30(2018)年2月末日までの予定でしたが、ご好評につき期間を延長しております。

点灯時間

  1. 3月~4月 午後5時30分から午後11時まで
  2. 5月~9月 午後6時30分から午後11時まで
  3. 10月~12月 午後5時30分から午後11時まで

(注意)点灯時間は、イベント等により変更となる場合があります。

コンセプト

”光が映し出す100年前の流行色”
臨江閣が完成した明治43年頃に流行した、新橋色(みどりがかった青)や茄子紺色といった色を使用し、製糸産業が発展した「糸のまち」前橋を表現しました。

臨江閣のライトアップ

若竹色×薄曙色

臨江閣のライトアップ

新橋色×茄子紺

ライトアップアーティスト:高橋匡太氏
撮影:木暮伸也氏

医療従事者等へ感謝の気持ちを込めたブルーライトアップを実施しています!

新型コロナの感染が拡大している昨今の状況下において医療機関で勤務されている方々はもちろん、福祉関係者や物流等に従事している方々を応援し、また、感謝の気持ちを伝えるために世界各国で取り組まれているブルーライトアップ(Light It Blue)を実施します。

このライトアップは、イギリスの国立医療機関であるNHS(国民保健サービス)において、毎週木曜日に実施されており、NHSのシンボルカラーであるブルーで建物をライトアップしています。

この取組みは、イギリスからアメリカ全土へ波及し、日本国内においても都内をはじめとした全国各地で世界各国に準じた取組みが広がっています。

この取組みに、全国屈指の医療環境を誇る前橋市も賛同し、参加することで、医療従事者等を応援するとともに、感謝の気持ちを抱いてもらえるように実施するものです。

 

<実施日時>

令和2年4月23日、30日 午後5時30分から午後11時まで

令和2年5月7日、14日、21日、28日 午後6時30分から午後11時まで

臨江閣ブルーライトアップ
臨江閣ブルーライトアップ

主催

前橋・光のまちづくり連絡協議会(事務局:前橋市未来の芽創造課)

協賛企業

有限会社稲葉電気、有限会社角谷造園、コーエイ株式会社、株式会社吉田鉄工所、有限会社リョウモウ
有限会社青木造園、有限会社群馬建物、萩原設備株式会社、有限会社スタジオビジョン、株式会社竹中工務店群馬営業所、萩原設備株式会社、前橋東照宮

ふるさと納税で光のまちづくりを応援!

前橋市へのふるさと納税では「光のまちづくり推進プロジェクト」を寄附の使い道として指定することが出来ます。

ふるさと納税でお寄せいただいた寄附金は、臨江閣ライトアップや前橋駅周辺のイルミネーションを実施する際に活用されています。

前橋市民に親しまれてきた風景や建造物に光を当てることで、地域資源を再認識していただくことで市民の方に地元へ対する愛着や誇りを醸成し、かつ、まちのPRへと繋げていく取り組みです。
ぜひこの取り組みを応援していただきますようお願いいたします。

前橋市へのふるさと納税については、下記リンクをご参照ください。

 

関連サイト

地図

関連サイト

この記事に関する
お問い合わせ先

政策部 未来の芽創造課

電話:027-898-6513 ファクス:027-224-3003
〒371-8601 群馬県前橋市大手町二丁目12番1号
お問い合わせはこちらから

更新日:2020年04月01日