官民ビッグデータを活用し、EBPMを推進します

概要

国は政府全体でEBPM(エビデンス・ベースト・ポリシー・メイキング、証拠に基づく政策立案)を推進しており、本市においても、地域が直面する政策課題を的確に把握し、有効な対応策を選択することの必要性はこれまで以上に高まっています。
近年では、膨大な種類や量のデータが次々と更新されていく、いわゆるビッグデータを集積できる世の中になりましたが、地域課題の解決に対してビッグデータを活用する手法については、まだまだ研究段階であり確立したものはない状況です。
こうした状況を打破するため、本市では、2017年11月、東京大学空間情報科学研究センター、帝国データバンク、三菱総合研究所と連携協定を締結のうえ協議会を組成し、官民が保有するビックデータを活用しながらEBPMを実現する新たな手法の研究に取り組んでいます。

東大ビッグデータ協定締結

国土交通省スマートシティモデル事業(重点事業化促進プロジェクト)選定

国土交通省は、新技術や官民データを活用しつつ、都市・地域課題を解決するスマートシティモデル事業を募集しました。本市の提案「官民ビッグデータを活用したEBPM推進」は、国が重点的に支援を実施することで事業の熟度を高め、早期の事業化を促進していく「重点事業化促進プロジェクト」に選定されています。

総務省Data StaRt Award(第4回地方公共団体における統計データ利活用表彰)

総務省は、客観的な統計データに基づく的確かつ効率的な行政運営を推進する観点から、Data StaRt Awardと称し、統計データを利活用した優れた取組を進める地方公共団体に対する表彰を実施しています。本市の提案「官民ビッグデータを活用したEBPM推進」は、最終審査に進出し、地方公共団体のためのデータ利活用支援サイト「Data StaRt(データ・スタート)」に先進事例として掲載予定です。

総務省ICT地域活性化大賞2020 奨励賞

地域が抱える様々な課題(人口減少、少子高齢化、地域経済の衰退、医師不足、災害対応等)を解決し、地域の活性化を図るため、それぞれの地域において自律的な創意・工夫に基づいて、ICT(情報通信技術)を活用した様々な優れた取組がなされています。
総務省では、これらの取組の中で、特に全国的な横展開が期待される事例、分野横断的な事例、地域間の広域連携が期待される事例等について、ICT地域活性化大賞と称し、表彰を実施しています。本市の提案「EBPMの推進~ビックデータを活用した新たな空き家実態調査モデルの構築~」は、最終審査に進出し、奨励賞を受賞しました。

この記事に関する
お問い合わせ先

未来創造部 未来政策課 スマートシティ推進係

電話:027-898-6427 ファクス:027-224-3003
〒371-8601 群馬県前橋市大手町二丁目12番1号
お問い合わせはこちらから

更新日:2020年03月16日