前橋市は「スーパーシティ」構想に挑戦します

スーパーシティ型国家戦略特別区域の指定に関する公募

4月16日(金曜日)スーパーシティ型国家戦略特別区域の指定に関する公募へ提案書を提出しました。
公募結果については、決まり次第お知らせいたします。

※提案書の概要版を下記のとおり掲載します

「スーパーシティ」構想とは?

「スーパーシティ」構想は、医療や交通、教育、行政手続きなど、生活全般にまたがる複数の分野で、AI(人工知能)などを活用した最先端のサービスを導入することで、便利で暮らしやすいまちを実現していくものです。

国の例示では、自動運転の車による移動やドローンを使った「モノ」の配送、行政手続きのオンライン化など、これまでにない便利な形で様々なサービスを受けることができるとされています。

※詳しくは国のホームページへ

前橋市が目指す「スーパーシティ」とは

前橋市は、デジタル最先端技術等を活用した「スーパーシティ」の実現により、日常の負担となっていることを軽減することで、日々の暮らしにゆとりが生まれ、そのゆとりで、豊かな自然、歴史文化に触れ、食や文化を楽しみ、自分らしく生き生きとした生活を送る「スローシティ」の構想を目指しています。

scconcept

前橋市スーパーシティ構想コンセプト

前橋市の民間共創の一環として行っている都市魅力アップ共創推進事業として、映像を軸としたあらゆるコンテンツを手掛ける株式会社チョコレイトと協働し作成したものです。
本市が目指すスーパーシティ像を誰にとってもわかるように伝えるため、コンセプトである「スーパーシティ×スローシティ」及び「まえばしID」を起点とした具体的なサービスを例示した動画です。

誰一人取り残さないパーソナライズされたサービスで多様性のある未来を創るため、前橋市では、昨年9月より、下記記載のとおり、オンラインタウンミーティングや市民説明会等、約20回を超える対話を通じて意見交換を行ってきました。
そのまとめとして、前橋市長がスーパーシティ構想について語る動画を公開しました。

concept2

前橋市スーパーシティ構想取組みイメージ

準備検討会を設立しました

zyunbi

令和2年10月、スーパーシティ構想への申請に向け、「前橋市スーパーシティ準備検討会」を産学官からなる構成員で設置し具体的な事業の検討を行っています。

これに伴い、本市のスーパーシティ構想で実施を目指す具体的な事業アイデアと、その担い手を募集しています。(1月14日締切り)

※これまでの準備検討会、事業者公募については、各リンク先をご参照ください。

市民と一緒に進めていきます

スーパーシティは、デジタル技術を通じた効率化した生活を単に実現するものではありません。上記のように、効率化により生まれたゆとりで、多様な個々のライフスタイルに合った暮らしを目指すものです。

そのためには、市民のみなさまに寄り添ったサービスを展開していく必要があり、私たち行政だけでなく、市民のみなさまと一緒に将来の前橋を考えることが必要です。

そこで、本市ではこれまでにタウンミーティング、ワークショップやシンポジウムを開催し、前橋市のスーパーシティ構想を一緒に考えてまいりました。

今後も、市民説明会等の実施を予定しておりますので、みなさまのご意見をお寄せください。

・日時:令和2年9月30日
・出演者(敬称略)
1.前橋市長山本龍
2.前橋市教育長吉川真由美
3.前橋市情報政策担当部長松田圭太

群馬県動画スタジオ「ツルノス」から生配信を行い、登壇者から将来のビジョンをお伝えしながら、コメント欄に寄せられた質問に随時回答。配信時は300人近くの方にご視聴いただいた。

ws2

市民ワークショップ

1.全市民対象ワークショップ(10月21日)
2.学生限定ワークショップ(10月28日)
3.女性限定ワークショップ(10月31日)
※2.3については、オンラインで開催

総勢35名の方に参加いただき、日常生活の困りごとやその解決策をグループワークを通じて協議

・日時:令和2年12月19日
・出演者(敬称略)
1.前橋市長山本龍
2.共愛学園前橋国際大学学長大森昭生
3.株式会社ジンズホールディングス代表取締役CEO田中仁
4.ジェイ・ティー・キュー株式会社代表谷川じゅんじ
5.フリーアナウンサー奈良のりえ

準備検討会のメンバーを中心に「スーパーシティへのへの挑戦」をテーマにトークセッションを行った。各登壇者の視点でスーパーシティによる前橋市の将来について活発な議論がされた。

市民説明会(市長)

市民説明会(写真:中央公民館)

・日程:2月~3月
・会場
1.各地区公民館(15ケ所)
2.総合福祉会館(2回)
3.中央公民館(市長説明)

計18会場にて、300名を超える方に参加いただき、前橋市のスーパーシティ構想に向けた説明を実施。質疑応答の時間も設け、活発な意見交換が行われた。

※最終会場である中央公民館で実施した際に、お答えできなかったご質問については、添付のとおり回答させていただきます。

オープンハウス型説明会写真

オープンハウス型説明会

・日時:3月6.7日
・会場:けやきウォーク前橋

来場者に対し、動画放映及びパネル展示を通じて、前橋市のスーパーシティ構想に向けた取組みを説明
併せて、市民の意向を把握するためのアンケートを実施。約50名の方にご協力いただきました。ありがとうございました。

GTGSイベント出演者写真

世界経済フォーラム「グローバル・テクノロジー・ガバナンス・サミット」開催記念セミナーに山本市長が登壇

世界経済フォーラム「グローバル・テクノロジー・ガバナンス・サミット」開催記念セミナーは、スマートシティが住民、働く人々、来街者にどのような経験や価値を提供するものなのかを登壇者と討議をするものです。
市内の有志や協力と募金によって建てられた「臨江閣」という、市民のみなさまと一緒に進めようとしている「スーパーシティ」をお伝えするにふさわしい場所から、前橋市の取組みをweb参加で、全国に向けて発信しました。

上毛新聞社「ぐんま愛」にスーパーシティの取組みについて掲載しました

上毛新聞社が群馬県、県内市町村、企業と協力し、若者の県内定住を支援する「ぐんま愛」
人口減少に立ち向かう市町村の挑戦を紹介する紙面において、本市のスーパーシティの取組みを掲載しました。

この記事に関する
お問い合わせ先

未来創造部 未来政策課

電話:027-898-6427 ファクス:027-224-3003
〒371-8601 群馬県前橋市大手町二丁目12番1号
お問い合わせはこちらから

更新日:2021年04月19日