新型コロナウイルス感染症に関する市長メッセージ

8月3日 市長コメント

誤解や偏見をなくし、思いやりをもって

 

市内の小学校で新型コロナウイルスに感染した児童が確認されました。幸い該当小学校での濃厚接触者に対するPCR検査の結果はすべて陰性であり、感染の拡大は確認されませんでした。

学校名の公表については、全国的に見ても統一された見解はなく、それぞれの都道府県、市町村によって考え方はまちまちでありますが、本市においては、主に疫学的な感染の予防と拡大の防止、さらに社会や地域への影響、不確かな情報の流布の防止などの観点から、個人情報に留意しつつ、必要な情報を公表することとしております。

最終的に目の前の事実をしっかりと受け止め、そこから最悪の状況にならないよう、市民の皆さんとともに備え、感染症に関する様々な偏見や風評被害の防止に市民と一丸となって取り組んで行くことが重要であると考えております。また、公表により地域のお医者さんの診察にも役立つでしょうし、学校や児童クラブなど施設利用の制限や様々な対応策について、皆さんの理解や協力を得やすくなると思います。

しかし残念なことに、感染者を特定したり、個人を誹謗中傷する行為が散見されています。感染者や濃厚接触者、医療従事者などに対する誤解や偏見に基づく差別やいじめは絶対に許されません。いつ誰が感染しても不思議ではないのです。

市民の皆様には、不確かな情報や誤解、偏見を断ち切る勇気と他人への思いやりをもって、人権侵害につながらないよう、一緒に取り組んでまいりましょう。

 

令和2年8月3日
前橋市長 山本 龍

5月29日市長コメント

学校再開に向けた市長メッセージ

 

6月1日から、いよいよ学校が再開します。

長期にわたる休校期間中の子どもたちのがんばりに、心から「ありがとう」と伝えたいです。学校に通えず、先生にも友達にも会えない中、大人と一緒にがんばってくれました。本当にありがとう。

そして、子どもたちを家庭で見守ってくださった保護者の皆様や、児童クラブ等で子どもたちを支えてくださった関係の皆様に、改めて深く感謝申し上げます。学校では、感染防止対策を講じて、子どもたちを迎える準備を進めています。ご家庭におかれましても、引き続き検温などの健康管理をお願いいたします。

学校再開を心待ちにしていた子どもたちも、長期間にわたる休校によって、心身への負担も少なくないと思われます。子どもたちが無理をすることなく、ご心配なことがありましたら、学校にご連絡をいただきたいと思います。

子どもたちがまちに戻ってきます。登下校の見守りなど、地域の皆様にはお世話になりますが、どうぞよろしくお願いいたします。

前橋市では、コロナウイルスの感染は拡大していませんが、リスクがなくなったわけではありません。医療の現場で日々感染症と戦う人々、そして彼らを支える人々が辛い状況に追い込まれることがないよう、私たち社会全体で温かくサポートしていきたいと考えています。市民の皆様にも引き続きご理解とご協力をお願いいたします。

これから、新しい生活様式による新しい社会が動き始めます。その中で成長していく子どもたちのために、学びの環境を整えていきます。これまで通りとはいかず、大変なこともありますが、みんなで乗り越えていきましょう。


令和2年5月29日
前橋市長 山本 龍

4月7日 市長コメント

 

学校の再休校にあたって

 

前橋市は、子どもたちにとって新たな学びのスタートとなるこの時期に、大切な教育を受ける機会を提供したいという思いから、衛生管理の徹底を大前提に、4月7日から市立の幼稚園、小学校、中学校、特別支援学校の再開を決めました。学校再開にあたっては、「前橋市では感染は確認されるものの、感染拡大は認められない」という専門家による状況判断と、国の学校再開のためのガイドラインとを十分に照らし合わせ、慎重に検討を重ね、決定いたしました。

一方で、地域を取り巻く状況に大きな変化があったときは、早急に対応することとし、その状況を注視してまいりましたが、本日、東京都などの7都府県を対象とした「緊急事態宣言」が発令されました。

前橋市は、依然として感染拡大地域ではありませんが、緊急事態宣言の対象地域との交流も多く、今後、市内の状況も変化することが考えられます。刻々と変化する事態を想定し、これからの市民生活における感染リスクを最小限に抑えるため、4月13日から5月6日の間、再び学校を休校とすることを決断いたしました。

保護者の皆様には、休校期間における子どもたちの生活や学習について、今後教育委員会や学校からご連絡を差し上げます。また、子どもたちが健やかに暮らせるよう地域でご協力くださる皆様に対し、心から感謝を申し上げます。

市民の皆様には、引き続き不要不急の外出を控え、いわゆる「3密」を避け、手洗いや消毒などの感染防止対策を行っていただきますよう、重ねてお願い申し上げます。

令和2年4月7日

前橋市長 山本 龍

3月31日 前橋市保健所長から市民へのメッセージ

新型コロナウイルス感染症の防疫に関する矢沢前橋市保健所長のビデオメッセージをYoutubeで公開しました。

メッセージの要旨は以下のとおりです。

  1. 新型コロナウイルス感染症の特徴
  2. 受診する前にコールセンターへまず相談を
    発熱やせき、息切れ、強いだるさ、倦怠感などの症状があり、新型コロナウイルスの感染が疑われる場合は、受診する前に必ず電話で相談し、指示を受けてください。
    電話027-220-1151(平日8時30分から17時15分まで)
    電話027-224-1111(平日夜間及び土日曜・休日)
  3. 手洗いの徹底

市民の皆様に不要不急の外出を控えていただき、手洗い、咳エチケットといった基本的な対策の徹底を引き続きお願いいたします。

3月24日 市長コメント

本日(3月24日)、公立館林厚生病院に勤務している感染症担当医師(前橋市在住)が新型コロナウイルスに感染していることが判明しました。

現在、県によって濃厚接触者の有無などを調査中ですので、今後、県と連携し適切に対応してまいります。

令和2年3月24日

前橋市長 山本 龍

3月2日 市長ビデオメッセージ

新型コロナウイルスに係る市長ビデオメッセージをYoutubeで公開しました。

市民の皆さんへ

皆さんご存知のとおり、新型コロナウイルスの世界的感染拡大が続いています。日本国内でも感染者が増加している状況を踏まえ、過日政府が策定した「新型コロナウイルス感染症対策の基本方針」に引き続き、昨日、安倍首相から全国すべての小・中学校、高校、特別支援学校について臨時休校の要請が出されたところです。
前橋市といたしましても、感染の流行を早期に終息させるために、これから1か月間が、感染拡大抑制のために極めて重要な時期であると考えております。そのため、令和2年3月31日までに市が主催するイベントの開催中止や、令和2年3月4日から25日までの間の市立小・中学校、高校、特別支援学校の臨時休校など、必要な対応を取らせていただきます。
しかしながら、共働き世帯や一人親世帯など、休校に際して配慮が必要なご家庭もありますので、こうしたご家庭については、各学校で子どもたちを預かれるように配慮いたします。また、これにより、労働力不足に対する経済界の不安も一定程度払拭できると思っています。
前橋市の独自政策は、決して政府要請を無視するものではありません。今こそ学校を市民の力と善意で支えてほしいとの思い、教職員の子どもたちへの愛情、社会責任を果たそうとする使命から生まれたものです。
情報が錯綜し、不安を感じられている方もたくさんいると思いますが、このような時だからこそ、市民の皆さんの生活をしっかりと支えていく必要がございます。
市民の皆さんにおかれましては、不要不急の外出を控え、手洗い、うがい、外出時のマスク着用といった基本的な対策を徹底していただくとともに、本市のこうした対応にご理解、ご協力をいただきながら、他者への思いやりの気持ちを忘れず、常に冷静な行動をお願いいたします。
令和2年2月28日
前橋市長 山本 龍

更新日:2020年09月25日