平成30年度第2回東公民館運営推進委員会

審議会名

東公民館運営推進委員会

会議名

平成30年度第2回東公民館運営推進委員会

日時

平成31年3月19日(火曜日) 午前10時~11時45分

場所

前橋市東公民館 第3会議室

出席者

(委 員)

福島昇委員長、松本惠嗣副委員長、加藤綱男委員、松井重英委員、梶塚克江委員、大本富子委員、中川春雄委員、田村幸雄委員、

(東公民館)

梨木公民館長

<順次中途出席>中川副主幹、坂田主任、花形主任、城詰主事、中島主事、小野里嘱託員

欠席者

金井弘之委員、小暮栄子委員

議題

1  平成30年度公民館事業報告について

2 東地区コミュニティデザイン3章(公民館編)に係る取組状況について

3 その他

東地区コミュニティデザインの一部見直し

会議の内容

1 開 会(館長)

2 福島委員長あいさつ

3 報告・審議

・福島委員長の議事進行により進められた。本年度の東公民館事業について、各担当者から交代で説明し、各委員との意見交換を行った。

 

【1.平成30年度公民館事業報告について】

<子育て親子支援>

Q 講座が長引くと泣き通しの子がいるので託児は短くして欲しい。

A 料理実習は2時間かかるので、なるべく親子で一緒に受講できるよう工夫したい。

Q 時間を超過する講師が見受けられるが、予定時間内に終わるような配慮が欲しい。

Q 保健推進員も高齢者が多いので託児が長引くのは体力的にきつい。

A 講師との打ち合わせの際に相談してみたい。

<情報提供事業>

 A 上毛新聞社の記者が配信している「あずまある」を参考にするよう編集委員会に投げかけたら、「あずまある」に習って、編集委員が現地取材に出かけることになった。

Q 「あずまある」の須藤さんは現役の記者でありながら、本業の合間に東地区の特色ある名

物等を取材し、インターネットで配信しているので、ぜひ一度見て欲しい。

 Q 編集委員は80歳以上の方が多く、携帯を持っていない人が多い。

<スマホ教室>

 Q スマホを持っているが使い方がわからない人が以外と多いので、教室に自分のスマホを

持ち込んで使い方を学ぶ講座があると有り難い。

 A 携帯会社とそうした方法ができるか検討して、より良い講座を企画したい。

<自主学習グループの援助>

 Q 他地区の自主連協同志での意見交換が必要であり、代表者会議や意見交換会があると良い。

 A 市全体の連絡協議会はない。

 Q 文化協会の活動も文化国際課で所管しているが、市と地区の活動が錯綜している。

 

【2.東地区コミュニティデザイン3章の取組状況について、3.その他(コミュニティデザインの一部見直し)】

 Q 公民館文化祭は公民館単独でなく地区として開催しているところはあるか。

 A 全市的にみると地区として開催しているところの方が多い。

 Q 文化祭の主体について、個人的に地区主催の方が良いと思うので問題提起したい。

 

以上のような質疑を行い閉会となった。

配布資料

この記事に関する
お問い合わせ先

市民部 生活課 東市民サービスセンター(公民館)

電話:027-251-2598 ファクス:027-255-0351
〒371-0837 群馬県前橋市箱田町543-1
お問い合わせはこちらから

更新日:2019年03月28日