【採択事業決定】令和元年度 市民提案型パートナーシップ事業

※新型コロナウイルス感染拡大の状況を鑑み、令和2年度に実施予定だった2事業につきまして、事業実施を1年間延期することとしました。

令和元年度の「まえばし市民提案型パートナーシップ事業」の公開プレゼンテーションが、令和2年2月24日に開催され、1次審査を通過した3団体が、市と一緒に取り組みたい地域課題解決のための事業提案を行いました。審査委員会による審査の結果を受けて採択された事業は、令和2年度に提案団体と市の協働事業として実施されます。

2次審査結果

1次審査を通過した3団体が10分間のプレゼンテーションを行い、その後に開かれた審査委員会で審査した結果を受けて、下記の2つの事業が採択されました。

2次審査結果の詳細
No. 事業名 提案団体名 市担当課 事業の概要
1 青空猫町マーケット(青猫市) ギャラリーアートスープ 文化国際課(文学館)・衛生検査課 まちなかで開催されるイベントに合わせ、文学と猫をテーマとした展示会イベントを開催し、地元商店街の魅力発信と猫の殺処分の減少に繋げる。
2 「Cored woman project」~子育ても仕事も芯を持って生きる女性が増えれば、家庭も地域も豊かに活性化する~ 上州mamato 未来の芽創造課・子育て支援課 出産後の女性のための講座(サロン)を開催することにより、地域での子育てを応援する多世代にわたる繋がりの創出を目指す。

審査基準

審査基準の詳細
項目 審査の視点
公益性
  • 時代や市民のニーズに即しているか
  • 地域の課題解決につながり、広く市民に貢献する事業か
特性
  • 団体の先駆性や専門性を活かした提案になっているか
実現性
  • 事業計画や収支予算、事業スケジュールは実現可能か
持続性
  • 提案事業を継続的に実施することは可能か
組織力
  • 事業を遂行できる組織体制及び能力を持っているか
協働性
  • 協働事業を実施することにより、団体と前橋市双方の目標を達成することができ、かつ相乗効果が得られるか
  • 団体と市との役割分担は適切か
妥当性
(総合)
  • 市が負担金を投じて実施することに妥当性があるか

関連記事

この記事に関する
お問い合わせ先

市民部 生活課 地域づくり係

電話:027-898-6510 ファクス:027-243-3522
〒371-8601 群馬県前橋市大手町二丁目12番1号
お問い合わせはこちらから

更新日:2020年06月17日