赤城南麓で地域づくり活動を中心に取り組む「地域おこし協力隊」を募集します。

群馬県前橋市では、地域づくり活動をベースとして活動する地域おこし協力隊を募集します。

赤城山

地域おこし協力隊とは

制度の概要

  • 地域おこし協力隊は、都市部から生活の拠点を移した者を、市町村が「地域おこし協力隊」として委嘱します。
  • 隊員は概ね3年以下の活動期間において、地域ブランドや地場産品の開発・販売・PR等の地域おこしの支援や、農林水産業への従事など「地域協力活動」を行います。
  • そして、その地域への定住・定着を図るという取組です。

前橋市地域づくり分野地域おこし協力隊とは

前橋市ってどんなところ?

前橋市は、群馬県の県庁所在地で人口は約33万人。東京から約100キロメートル、電車でも車でも約1時間程度の地点にあります。雄大な裾野を広げる赤城山を背に坂東太郎として名高い利根川や情緒豊かな広瀬川が市街地を貫流する、関東平野北端に位置する中核市です。

前橋市地域づくり分野地域おこし協力隊の特徴

・地域づくり活動をベースとしたフリーミッション型の活動です。
・毎月の活動調整会議で移住コンシェルジュが活動のサポートに入ります。

前橋市地域づくり分野地域おこし協力隊募集要項

 

前橋市地域づくり分野地域おこし協力隊募集要項
募集人数

2人以内

活動概要

1 地域の自然や文化を大切にする行事や住民交流等の事業に積極的に参加し、本市の地域づくりを推進するために活動する。(活動例:地域行事への参加、地域行事の企画・提案、地域情報の発信など)
2 自然豊かな赤城南麓地域を中心に、農業支援や観光振興、移住推進のためのシティプロモーション等、各種活動を積極的に展開する。(活動例:農業体験を活用した都市間交流、観光資源の再発見、観光イベントや移住推進イベントへの参加)
3 前橋の魅力アップのために幅広く活動するとともに、積極的な情報収集、情報発信を行う。
4 上記を中心に、市の了承を得られる内容で活動を主体的に組み立て、それを基に積極的に活動する。

活動場所

前橋市内(ただし、研修等により市外へ出張する場合があります。)
・活動区域は、赤城南麓エリア(大胡・宮城・粕川・富士見地区)を中心とした全市域です。

募集対象

次の1~9の要件を全て満たす方を対象とします。
1 協力隊の任期終了後、自立して本市に定住・定着する意欲がある方
2 令和4年4月1日現在で、25歳以上40歳以下の方
3 都市圏等(地域要件等一定の基準があります)から本市へ住民票を移動し、市内に居住できる方(地域要件の詳細はお問合せください。)
4 パソコン(ワード、エクセル、パワーポイント等)が使いこなせる方
5 普通自動車免許証をお持ちで、実際に運転ができる方
6 地域住民や行政職員等と積極的にコミュニケーションをとり、良好な信頼関係を築ける方
7 法令等を遵守し、公序良俗に反しない活動ができ、前橋市地域づくり分野地域おこし協力隊の方針を理解して活動できる方
8 インターネットやSNSを活用した情報発信ができる方
9 地方公務員法第16条に規定する欠格事項に該当しない方

活動時間

隊員は、原則として1日当たり6時間、1か月当たり20日を目安に活動していただきます。ただし、活動の内容等により活動時間の調整をすることができます。

任用形態・任用期間

隊員は前橋市長の委嘱を受け、市はその活動に対して報償費を払うものとし、市と隊員との雇用関係はありません。
委嘱期間は令和4年11月1日から令和5年3月31日までとします。(必要に応じて最長3年まで更新することができます。)
※ただし、応募状況によっては委嘱開始日が早まる場合があります。

報償費

報償費は月額233,000円程度を予定しています。ただし、地域おこし協力隊推進要綱(平成21年3月31日付総行応第38号)における地域おこし協力隊の活動に要する経費の報償費等で示された額が変更になることが条件です。支給時には、源泉所得税が控除されます。なお、賞与、時間外手当、退職金等は支給されません。
また、当該月における活動時間が120時間に満たない場合は、実活動時間に応じて算出した額を支給します。報償費の支給は、翌日20日までに隊員が指定した口座に振り込みます。

市の支援

活動に必要な経費について、市の予算の範囲内で支援します。
・住居に関する経費:月額55,000円以内
・情報発信に関する経費(通信費):月額6,000円以内
・パソコン借上料:月額4,000円
・自動車借上料:月額30,000円以内(ガソリン代込)
また、事務室は市が提供したものを一定のルールに基づき使用することができます。

福利厚生等

本市との雇用関係がないため、国民健康保険、国民年金に加入し、所得税・住民税、健康保険料、年金保険料等は隊員本人が負担することとします前橋市地域づくり分野地域おこし協力隊募集要項。

応募受付期間

令和4年6月1日(水曜日)~令和4年7月31日(日曜日)【必着】
※ただし、応募状況によっては、受付期間の終了を待たずに応募受付を終了する場合があります。

応募方法

「前橋市地域づくり分野地域おこし協力隊応募用紙」に必要事項を記入のうえ、必要書類とともに前橋市市民部生活課地域づくり係あてに郵送または直接提出してください。
〒371-0023 前橋市本町二丁目12番1号 前橋プラザ元気21 3F
必要書類(提出された書類は返却いたしません)
(1)応募用紙
(2)住民票抄本(住所・氏名・生年月日がわかるもの)
(3)自動車運転免許証の写し

選考方法

(1)1次審査(書類審査):募集書類受領後、結果を文書で通知します。
(2)2次審査(面接審査):詳細は1次審査の結果とともにお知らせします。
※応募に係る経費(面接に係る交通費を含む)は応募者負担とします。

 

前橋市地域づくり分野地域おこし協力隊 募集要項

前橋市地域づくり分野地域おこし協力隊 応募用紙

現役協力隊員の紹介

第2期協力隊員の紹介ページ及び協力隊facebookも下記リンクよりご覧になれます。

この記事に関する
お問い合わせ先

市民部 生活課 地域づくり係

電話:027-210-2196 ファクス:027-237-0810
〒371-0023 群馬県前橋市本町二丁目12番1号 前橋プラザ元気21 3階
お問い合わせはこちらから

更新日:2022年06月02日