新しい部屋での新生活!トラブルに注意

春は新生活が始まる時期です。親元を離れ、新たな生活を始める若者は、住宅の「賃貸借契約」や引っ越し直後の「訪問販売」のトラブルに巻き込まれないよう注意が必要です。

事例(賃貸借契約)

(事例1)娘が賃貸マンションを借りることになったが、入居前に解約を申し出たところ、支払ったお金はほとんど返金できないと言われた。

(事例2)賃貸マンションを退去した後、ハウスクリーニング費用などを含む高額な原状回復費用を請求された。

トラブル防止のポイント

・契約時は契約書類の記載内容や賃貸物件の現状をよく確認しましょう。
・入居中のトラブルは貸主側にすぐ相談しましょう。
・退去時は精算内容をよく確認し、納得できない点は貸主側に説明を求めましょう。

事例(引っ越し直後の訪問販売)

(事例3)引越し当日に業者が訪れ、管理会社と関連があるかのような説明を受け換気扇フィルターの契約をしたがウソだった。

(事例4)新築マンションに引越した際、管理会社からの紹介だと言う業者に訪問され、防カビ工事等の契約をしたがウソだった。

トラブル防止のポイント

・その場ですぐに契約せず、管理会社に確認しましょう。
・訪問販売で契約した場合、クーリングオフができます。

外部リンク

この記事に関する
お問い合わせ先

市民部 生活課 消費生活センター

電話:027-230-1755 ファクス:027-230-1756
〒371-0022 群馬県前橋市千代田町二丁目5-5 シーズ・ポート2階
お問い合わせはこちらから

更新日:2022年03月25日