下川淵地区地域づくり推進協議会(令和元年度)

「環境部会」、「文化部会」、「福祉部会」の3つの部会の活動により、下川淵地区住民の交流をより深め、安全で安心して暮らせる地域づくりを進めます。

令和元年度の活動内容

(1)環境部会

1 オープンガーデン

 オープンガーデンは、個人の庭や町内の花壇を開放して、多くの人に見ていただくものです。開設希望者を募り、庭園の写真と簡易地図を掲載したパンフレットを作成、全戸配布し、地域の皆さんに巡ってもらうよう企画しました。花をきっかけに人が触れ合い、人と人とのつながりをつくります。実施期間:5月1日~5月31日

2019年のオープンガーデンのチラシです

オープンガーデンのチラシ(表)

オープンガーデンちらし裏面

オープンガーデンのチラシ(裏)

オープンガーデン(例)

2 トライアングル・フェスタ2019(花苗の販売、寄せ植えコンテスト、花の写真展)

開催日

5月25日(土曜日)

会場

横手わせだ緑地公園

内容

トライアングル・フェスタ(花まつり・のびゆくこどものつどい・ふれあい広場)にて寄せ植えコンテスト、花苗の販売、花の写真展を行いました。今年も晴天に恵まれ、大勢の人で賑わっておりました。

寄せ植えコンテスト

寄せ植えコンテストの様子

花苗販売

花苗販売の様子

3 花の里親

 地区文化祭において花の苗を販売して、各家庭の庭や空き地に植え育ててもらい、地域の環境美化に努めます。それによって花づくりをしている人どうしのコミュニケーションを活発にします。

花の里親事業(花苗販売)1花の里親事業(ハーブティ提供)

4 クリーン作戦

 きれいな町で住みよい環境づくりを目指して、クリーン作戦を実施します。

 開催日

3月9日(土曜日)に開催を予定していましたが、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため中止になりました。

 内容

令和2年度は、利根川の土手の清掃を計画しています。決まり次第案内しますので多くの皆様に参加をお願いします。

5 花のある町づくり事業

 各町に花苗を配付して町公民館で花を育ててもらい、地域の環境美化に努めます。花を通して、地域の人びとのコミュニケーションを図ります。

6 アナベルの里づくり

本年度も平成30年度に引き続き『地域緑のまちづくり事業』の助成金を受けてアナベルを植樹しました。

本事業も3年目を迎え、アナベルの株が大きくなり大輪の花を咲かせるようになりました。

今後は、通学路や道路に面した敷地に植樹し市民の目を和ませるよう拡大して行きます。

3年目を迎えたアナベル(公民館)

2期目を迎えた株

植樹作業

本年度、植樹風景

(2)文化部会


文化部会は、平成19年に地区を挙げて作った「下川淵カルタ」を大事な文化資源として、引き続き文化部会事業の中心にすえます。愛称カルタ3兄弟(カルタアート展、カルタ大会、カルタウオーク)を重点に活動を展開し、心豊かなより魅力ある地域づくりを進めます。併せて令和元年に刊行された「下川淵カルタブックレット」の配布と活用を図り、魅力ある下川淵地区の地域づくりに結び付ける。カルタ3兄弟活動結果の詳細はアイアイ2月1日第236号2面「令和元年度カルタ3兄弟行事報告」に掲載。

 

1「カルタの日」記念イベント 第9回カルタウオーク

 

開催日

 

令和元年12月8日(日曜日)

 

コース

 

「カルタを歩こう」マップ 東コース(力丸町・徳丸町・房丸町)

 

内容

 

カルタの日記念イベントとして例年どおりに12月第2日曜日に、房丸、徳丸、力丸方面の東こコースで実施しました。好天の中、参加者70人と約8キロメートル2時間半で歩き、地域を知り、交流を深め健康増進という所期の目的を達成することができました。

 

最後に食改推の皆さんのおもてなし料理「おっ切り込み」いただき心も体も温まって解散となりました。

集合写真(赤城山)

ウオーキング風景

元気に親子でウオーキング。

説明を聞くメンバー

熱心に説明を聞く参加者の皆さん。

(注意)「カルタの日」とは・・・平成19年にカルタ完成発表会を行った12月第2日曜日を「下川淵カルタの日」と制定しました。

2 第10回下川淵カルタ大会

開催日

1月26日(日曜日)

会場

下川淵公民館 和室

内容

小学校低学年の部、同高学年の部、一般の部3部門、町対抗方式で例年通りに実施された。

開会式、優勝杯返還等の行事の後に下川淵公民館和室を会場に実施、地区内14町の選手による町対抗トーナメント方式で運営される。試合が進むごとにますます熱気を帯び多くのギャラリーが見守る中、決勝戦へと駒を進めました。その結果小学校低学年の部は鶴光路町、小学校高学年の部と一般の部は新堀町が優勝しました。

開会式

カルタ大会の様子
カルタ大会の様子(2)

3 第11回下川淵カルタ・アート展

開催日

1月23日(木曜日)~26日(日曜日)

会場

下川淵公民館ホール、会議室、ロビー等

内容

会場を下川淵公民館のロビー、廊下、会議室として、4日間開催される。参加状況では下小からの参加が圧倒的に多く「カルタで一句五七五」が全学年で381首が投稿された。小・中生の美術作品は36点、七中生は今年も例年と同じく美術部生の作品が展示され、レベルの高い作品が目立った。一般参加21作品では陶芸、絵手紙、写真、短歌・俳句書道の参加があり、特に絵手紙の会からは例年大作が出品され今年も大作でした。

カルタアート展

カルタアート展への関心が高まるよう自主グループ連協との連携し、今年の共催事業は「令和ニューイヤーコンサート」と銘打ってオーボエ奏者 本田英輝氏を中心とするグループの演奏を多くの観客と楽しむことができました。結果的に見学者増や作出品増に結びつけることができました。

今年も一般からの参加者が期待どおりに集まらず、いかにして参加増を図るかが課題となっています。

小学生の作品

下川淵小学校の児童の作品

中学生の作品

第七中学校の生徒の作品

保育所園児の作品と見学する子供たち

下川淵保育所の園児の皆さんの作品

4 下川淵カルタブックレット

前橋市ブックレットNo18「下川淵カルタ」が令和元年5月1日改元初日に刊行されました。3年前から約30回に及ぶ編集委員会を重ねるとともに前橋学センター長の手島仁先生のご指導の下刊行することができました。

下川淵地区の歴史や文化、自然、今日の姿を見直す契機になるとともに、魅力的な下川淵地区の地域づくりにも役立つものと期待されています。下川淵アイアイ、公民館報等を通じ宣伝に努めた結果、当初予定した700部を完売し、さらに200部を追加注文しました。頒布価格は特別価格としました。

5 カルタクイズ

今年度から新方式を導入しいっそう子供たちの関心を高められるよう工夫をした。それはタッチパネル方式を採用、モニター画面を見ながらクイズに答えようというものです。ゲームやテレビのクイズ番組でも採用されている方式で子供たちにはなじみのあるシステムです。富士見地区で採用し好評とのことで富士見の担当者の協力により完成しました。

従来からの〇×クイズに新方式が加わり下川淵カルタへの関心が高まり、地域の歴史や文化について理解が深まるものと期待されています。

カルタクイズ

(3)福祉部会

テーマ「住みよい福祉のまちづくり」

下川淵地区地域づくり協議会福祉部の活動は、下川淵公民館会場の 「子育てサロン」の開催と下川 淵地区14町での 「ふれあいサロン」ピンシャン元気体操と、各町の自治会役員 ・サロンスタッフによる 「見守り・支えあい会議」が開催 され、 明るく生き生きとした「住みよい地域づくり」への活動が推進されています。

1 既存の子育てサロンの充実

 下川淵「子育てサロン」は、主催者の下川淵地区民生委員児童委員協議会が保健推進員会、更生保護女性部、おはなしの会「もこもこ」の皆さまのご協力をいただ き、下川淵公民館の和室を会場として月2回(第2、第4の木曜日)開催しております。
会場の準備 、おもちゃの搬入、受付準備等々、受け入れ態勢を整え、多くの子供たちを迎えるべく期待を膨らませて10時の開催時間を待っております。
子どもさんの中には、毎回休みなく来てれいる子や旧市内から来てくれていたお子さんもおられ、たくさんのお子さんが参加して下さいました。
また、この活動はお母さん同士の情報交換や育児の相談の場としても大変喜ばれいます。
公民館事業の幼児教育と協力し、下川淵地域の未来ある子どもたちの健やかな成長を見守っていきたいと願っています。

子育てロゴ

お話の会「もこもこ」

お話の会「もこもこ」さんによる人形劇や手遊び、歌、読み聞かせなど、とても楽しいひと時です。

クリスマス会

クリスマス会で、サンタクロースからの絵本のプレゼントに、子供たちは大喜びでした。

親子ヨガ

公民館事業とコラボして「親子ヨガ」が開催されました。お母さんも可愛い子達もとても喜んでくださいました。

実績

2 高齢者 「ふれあいサロン」 「ピンシャン元気体操」 の普及・拡大・充実

下川淵地区では、14町の全自治会で「サロン」や「ピンシャン元気体操」が開催されています。町内によっては、月に複数回又は毎週 開催しているところもあります。これからの課題としては、支えるスタッフの育成と、新たな参加者への呼びかけ、特に男性の参加の呼びかけなどがあげられます。これからは、下川淵地区内の各町の活動の情交換会を設けて、その内容の充実と問題の解決へ向けて、努力していきたいと思います。

トラフェスでピンシャン

トライアングルフェスタでもピンシャン元気体操を披露しました。

楽しいゲームをサロンで

楽しいゲーム、サロンの様子です。

元気にピンシャン

ますます元気にピンシャン体操。

座って体操

座位で体操。

サロンの実績

令和元年度サロン・ピンシャン元気体操の実績です。下川淵地区では、全ての自治会内で活動が実施されています。

3福祉の まち づくり「見守・支えあい会議」の推進

下川淵14町自治会がそれぞ「見守り・支えあい会議 」を開催し、一人暮らしや老々介護の方々が、安心して暮らせるため、そして災害時に要支援の方の状況を早期に発見し速やかな対応を図ること目的に、みんなで顔の見えるまちづくりを推進して、安心で安全な住みよい福祉のまちづくりを目指しています。

支えあい会議

9月8日 新堀町支えあい会議は、活動充実のため、自治会、老人会、サロンの代表役員で構成する「運営委員会」が発足されました。

4人にやさしい交通安全対策の推進

1)前橋南モールの開発・拡充による交通量の増加伴い 、小・中学生の登下校時事故防止。
地区内における事故発生は増加していと懸念されます。
※8月18日(日曜日)に行われた、下川淵青少年育成会環境浄化部巡回パトロール調査において自治会長、民生児童委員、下川淵小学校校長先生、PTA各町支部長さんのご協力を頂き、 下川淵14町の通学路調査作業が行われました。
2)地区内に設けられた生活交通安全30kmゾーンや押しボタン式信号機の設置の推進。

関連記事

この記事に関する
お問い合わせ先

市民部 生活課 下川淵市民サービスセンター(公民館)

電話:027-265-0651 ファクス:027-265-5160
〒379-2141 群馬県前橋市鶴光路町701
お問い合わせはこちらから

更新日:2020年06月12日