【8月3日更新】新型コロナウイルス感染拡大の防止に伴う建設現場等における感染予防対策の徹底

 

事業者の皆様へ

建設現場における新型コロナウイルス感染症の拡大防止について、国土交通省では「三つの密」の防止対策として、これまで「建設業における新型コロナウイルス感染症予防対策ガイドライン(令和2年5月14日版)等の周知を行ってきましたが、今般、マスクの着用や三つの密を避ける等の「新しい生活様式」が求められている中で、熱中症予防のために建設企業で実践されている取組事例の拡充などを盛り込み、令和2年7月1日に本ガイドラインが改定されました。

事業者の皆様におかれましては、引き続き営業所、事業所、工事現場、寮等のほか、不特定の人が訪れる施設の出入口等への消毒液の設置、これら施設等において不特定の人が触れる箇所の定期的な消毒など、従業員及び来訪者への感染予防対策を徹底していただくとともに、本ガイドラインを踏まえ、建設現場の「三つの密」対策及びこれに伴う熱中症リスク軽減等を徹底していただきますようお願いします。

なお、本市と契約中の建設工事または業務において、従事者が新型コロナウイルス感染症への感染が判明した場合は、速やかに本市に報告するとともに保健所等の指導に従い、感染者本人のほか、本人と濃厚接触した疑いがある方の自宅待機をはじめ、適切な措置を講じていただくようお願いします。

 

(参考)

「建設業における新型コロナウイルス感染予防対策ガイドライン(令和2年7月1日改定版)」につきましては、検索サイトで「建設業 コロナ対策ガイドライン」で検索してください。

 

問い合わせ先

前橋市総務部契約監理課

建設監理室:027-898-6297

ファクス:027-243-3522

〒371-8601 群馬県前橋市大手町二丁目12番1号

メールによるお問い合わせは下記のとおり

この記事に関する
お問い合わせ先

総務部 契約監理課

電話:027-898-6288 ファクス:027-243-3522
〒371-8601 群馬県前橋市大手町二丁目12番1号
お問い合わせはこちらから

更新日:2020年08月03日