市税の口座振替納付済通知書を一部廃止します

 市税の納付に口座振替・自動払込をご利用の方に送付していた「口座振替納付済通知書」を平成25年度から廃止します。なお、継続検査(車検)が必要な車両の軽自動車税や社会保険料控除などに利用する国民健康保険税については、これまでどおり送付いたします。

廃止する税目

個人市県民税、固定資産税・都市計画税、継続検査(車検)の必要のない車両の軽自動車税

廃止しない税目

国民健康保険税、継続検査(車検)の必要な軽自動車税

よくある質問

質問1

 「口座振替納付済通知書」をなぜ廃止したのですか?

回答1

 口座振替をご利用の方に「口座振替納付済通知書」を年1回送付し、納付済となった税額についてお知らせしてきましたが、口座振替の結果については、預貯金通帳への記帳等により確認できるものであり、省資源化の推進や行政改革による経費削減の観点から廃止させていただくものです。

質問2

 口座振替・自動払込の場合は、領収書を発行しなくても良いのですか?

回答2

 従来から口座振替、ペイジー利用(ATM・パソコン等)、クレジット収納などを利用して市税等を納めていただいた場合には、領収書は発行しておりません。納付金額はご利用口座の預貯金通帳や支払明細書等でご確認いただいております。
 なお、平成24年度まで送付していた「口座振替納付済通知書」につきましても、納付済みとなった税額のお知らせであり、公的な納税証明としてお使いいただくことはできないものです。公的な証明書が必要な場合は、有料の「納税証明書」を申請してください。

質問3

 確定申告に利用していましたが、今後どうすればいいですか?

回答3

 社会保険料控除に必要な国民健康保険税(普通徴収分で年金天引き分を除く。)については、これまでどおり「口座振替納付済通知書」を送付いたします。固定資産税を必要経費として申告する場合は、「納税通知書」等で税額を確認していただけます。
 また、「国民健康保険税納付確認書」や「固定資産税計算書」を市役所税証明窓口などで無料にて交付していますので、そちらもご利用いただけます。

質問4

 軽自動車税の継続検査(車検)のため納税証明書が必要なのですが?

回答4

 継続検査(車検)対象の軽自動車税については、引き続き「口座振替納付済通知書」を送付いたしますので、その通知書をご利用ください。

質問5

 口座振替の結果は、どのように確認するのですか?

回答5

 「納税通知書」に記載された振替日(納期限日)以降に、預貯金通帳へ記帳すること等により確認できます。

なお、残高不足などにより口座振替ができなかった場合は、振替日(納期限日)から20日以内に送付された督促状により金融機関(ゆうちょ銀行・郵便局を除く。)、コンビニ等で納付することができます。

この記事に関する
お問い合わせ先

財務部 収納課

電話:027-898-6226 ファクス:027-221-3125
〒371-8601 群馬県前橋市大手町二丁目12番1号
お問い合わせはこちらから

更新日:2019年02月01日