【3月31日保健所長メッセージ追加】新型コロナウイルスに係るメッセージ

3月31日 前橋市保健所長から市民へのメッセージを投稿しました

新型コロナウイルス感染症の防疫に関する
矢沢前橋市保健所長のビデオメッセージをYoutubeに投稿しました。

https://youtu.be/l4ammF4kR6c

メッセージの要旨は以下のとおりです。

  1. 新型コロナウイルス感染症の特徴
  2. 受診する前にコールセンターへまず相談を
    発熱やせき、息切れ、強いだるさ、倦怠感などの症状があり、新型コロナウイルスの感染が疑われる場合は、受診する前に必ず電話で相談し、指示を受けてください。
    電話027-220-1151(平日8時30分から17時15分まで)
    電話027-224-1111(平日夜間及び土日曜・休日)
  3. 手洗いの徹底

市民の皆様に不要不急の外出を控えていただき、手洗い、咳エチケットといった基本的な対策の徹底を引き続きお願いいたします。

3月24日 市長コメント

本日(3月24日)、公立館林厚生病院に勤務している感染症担当医師(前橋市在住)が新型コロナウイルスに感染していることが判明しました。

現在、県によって濃厚接触者の有無などを調査中ですので、今後、県と連携し適切に対応してまいります。

令和2年3月24日

前橋市長 山本 龍

3月2日 ビデオメッセージを投稿しました

新型コロナウイルスに係る
市長ビデオメッセージをYoutubeに投稿しました。
https://youtu.be/luZEIC0tLNk

ビデオメッセージの中で触れている
一斉休校に伴って実施するスクールホームについては
新型コロナウイルス感染拡大防止のための一斉休校について
のページをご覧ください。

市民の皆さんへ

皆さんご存知のとおり、新型コロナウイルスの世界的感染拡大が続いています。日本国内でも感染者が増加している状況を踏まえ、過日政府が策定した「新型コロナウイルス感染症対策の基本方針」に引き続き、昨日、安倍首相から全国すべての小・中学校、高校、特別支援学校について臨時休校の要請が出されたところです。
前橋市といたしましても、感染の流行を早期に終息させるために、これから1か月間が、感染拡大抑制のために極めて重要な時期であると考えております。そのため、令和2年3月31日までに市が主催するイベントの開催中止や、令和2年3月4日から25日までの間の市立小・中学校、高校、特別支援学校の臨時休校など、必要な対応を取らせていただきます。
しかしながら、共働き世帯や一人親世帯など、休校に際して配慮が必要なご家庭もありますので、こうしたご家庭については、各学校で子どもたちを預かれるように配慮いたします。また、これにより、労働力不足に対する経済界の不安も一定程度払拭できると思っています。
前橋市の独自政策は、決して政府要請を無視するものではありません。今こそ学校を市民の力と善意で支えてほしいとの思い、教職員の子どもたちへの愛情、社会責任を果たそうとする使命から生まれたものです。
情報が錯綜し、不安を感じられている方もたくさんいると思いますが、このような時だからこそ、市民の皆さんの生活をしっかりと支えていく必要がございます。
市民の皆さんにおかれましては、不要不急の外出を控え、手洗い、うがい、外出時のマスク着用といった基本的な対策を徹底していただくとともに、本市のこうした対応にご理解、ご協力をいただきながら、他者への思いやりの気持ちを忘れず、常に冷静な行動をお願いいたします。
令和2年2月28日
前橋市長 山本 龍

更新日:2020年03月31日