海外渡航で必要な人に新型コロナウイルスワクチン接種証明書を発行します

対象者

本市が発行した接種券で接種を受けた人で、接種証明書の提示により入国時の防疫措置が緩和される国に渡航する人。

申請窓口

市役所1階パスポートセンター

業務開始日

7月26日(月曜日)から受付を開始(ただし、交付は8月2日(月曜日)から)。
8月2日(月曜日)以降は、接種歴が確認できないものを除き、即日交付する。

窓口開設日時

平日の午前9時から午後4時30分

申請に必要なもの

1.申請書
2.海外渡航時に有効なパスポート
3.接種済証、接種記録書、予診票の写しのうちいずれか1点
4.3で接種券番号が確認できない場合はマイナンバーがわかる書類(マイナンバーカード、通知カード、マイナンバーが記載された住民票の写しのうちいずれか1点)
5.代理人が申請する場合は、委任状又は法定代理人の資格を証する書類及び代理人の本人確認書類

手数料

無料

注意事項

・接種済証や接種記録書などがなく、接種内容が確認できない場合は、証明書発行までに1週間程度かかります。
・他市発行の接種券で接種を受けた分については、本市で接種証明書を発行できません。この場合は接種券を発行した自治体が接種証明書を発行します。
・同証明書は国内で使用するものではありません。国内においては接種済証がワクチン接種事実を証明します。
・国外等、予防接種法に基づかない接種を受けた方は、接種証明の対象外となります。
・接種証明書には海外渡航で使用するパスポートの旅券番号と同じ旅券番号が記載されている必要があります。期間満了間際のパスポートは新しいパスポートに切り替えてから接種証明書を申請してください。
・この接種証明書により、あらゆる国や地域で防疫措置の緩和が認められるわけではありません。いずれの国や地域への渡航時に活用できるのかについては、最新の状況を外務省のホームページでご確認ください。
・接種証明書の一般的な質問は、下記の厚生労働省コールセンターまでお問い合せください。
   厚生労働省新型コロナウィルスワクチンに係る電話相談窓口(コールセンター)
   電話番号 0120-761770

 

【郵送で申請する場合】

申請に必要なもの

郵送で申請する場合は、以下のものを封筒に同封して、パスポートセンター宛に郵送してください。

1.上記「申請に必要なもの」の1~5に記載のもの。2~4については写しも可。
2.返信用封筒(封筒に返信先住所と氏名を明記し、送付に十分な切手を貼ってください。)
3.返信先住所が前橋市以外の場合は、返信先住所と氏名が確認できる資料(運転免許証やマイナンバーカード、住民票の写しなど)の写し

注意事項(上記「注意事項」に加えて)

・パスポートの写しをとる場合は、旅券番号が記載されている写真の頁の写しをとってください。
・接種済証又は接種記録書(なければ、予診票の写し)の写しをとる場合は、接種券番号やワクチン情報が鮮明に出るように写しをとってください。
・マイナンバーがわかる書類の写しをとる場合は、マイナンバーが鮮明に出るように写しをとってください。
・返信用封筒に貼る切手は、不足がないようにお願いします。
・証明書の送付先(返信先)は、原則として証明書を必要とする人(ワクチン接種を受けた人)又は郵送請求者(代理人)の住所となります。それ以外の返信先を希望する場合は、別途説明資料が必要となりますので、事前にお問い合せください。
・郵送請求の宛先は「〒371-8601 前橋市大手町二丁目12番1号 前橋市役所1階 パスポートセンター 宛」となります。

この記事に関する
お問い合わせ先

市民部 市民課 パスポートセンター

電話:027-898-6124 ファクス:027-243-3906
〒371-8601 群馬県前橋市大手町二丁目12番1号
お問い合わせはこちらから

更新日:2021年07月21日