Q 前橋市は黒字なの?

前橋市って黒字なの?

 平成30年度の決算では、25億2,892万円の黒字(プラス)でした。

実質収支のグラフの画像

平成24年度 2,183,016
平成25年度 2,773,974
平成26年度 2,515,696
平成27年度 3,310,336
平成28年度 1,578,541 
平成29年度 2,488,964
平成30年度 2,528,921

黒字のお金はどうしているの?

 法律により、黒字の半分以上を基金(貯金)に積み立て、経済情勢の変化で赤字(マイナス)になりそうな場合や災害が起きてしまった場合など、将来に備えることになっています。
 平成30年度のプラス分25億2,892万円のうち、13億円を基金に積み立て、残りを令和元年度の予算として使います。

黒字が続いているなら、前橋市の財政は安心なの?

 単純に安心とは言えません。
プラス、マイナスを計算する方法には、いくつか種類があります。過去のプラス分等を差し引いて計算する方法(単年度収支といいます)だと、平成30年度はプラスになります。このほか平成24年度、平成26年度及び平成28年度はマイナス、平成25年度、平成27年度及び平成29年度はプラスでした。
 このため、平成24年度、平成26年度及び平成28年度は過去の黒字を取り崩して運営する状態であったと言えます。
 一方で、この数値のプラスが続くことは、毎年度余ったお金が貯まり続けることも意味します。自治体の主な収入は、市民の方々からの税金ですから、貯まったお金は行政水準を引き上げることなどで、市民の方々に還元する必要があり、結果としてある年度の単年度収支がマイナスとなってしまうこともあります。

単年度収支のグラフの画像

平成24年度    ▲932,153
平成25年度       590,958
平成26年度   ▲258,278
平成27年度       794,640 
平成28年度 ▲1,731,795
平成29年度       910,423
平成30年度         39,957

    

この記事に関する
お問い合わせ先

財務部 財政課

電話:027-898-6542 ファクス:027-224-3003
〒371-8601 群馬県前橋市大手町二丁目12番1号
お問い合わせはこちらから

更新日:2019年09月27日