新地方公会計制度による財務諸表

前橋市の財務書類(貸借対照表、行政コスト計算書及び純資産変動計算書、資金収支計算書)について公表しています。

これまでの地方公共団体の会計制度における会計書類は、一年間の歳入と歳出の動きを現金を中心に記録するものでした。
それだけでは年度ごとの収支は明確になりますが、資産や負債に関する内容、また将来どれだけの負担があるのかが明確になりませんでした。
そこで、前橋市では、それらの課題に対応するため、国が進める制度改革に基づき、企業会計的手法を取り入れた「新地方公会計制度」により、連結対象団体を含めた連結ベースでの財務書類を作成しました。
これにより、公社や出資団体なども含めた市全体の財務状況を一目で把握することができます。

平成30年度決算ベース

平成29年度決算ベース

平成28年度決算ベース

この記事に関する
お問い合わせ先

財務部 財政課

電話:027-898-6542 ファクス:027-224-3003
〒371-8601 群馬県前橋市大手町二丁目12番1号
お問い合わせはこちらから

更新日:2020年03月25日