福祉医療制度を利用される方へのお願い

適正受診へのご協力について

福祉医療制度は、皆様の税金でまかなわれています。
将来にわたりこの制度を維持していくためにも、制度の仕組みや目的などをご理解のうえ、急病などでやむを得ない場合以外は夜間・休日の受診は避ける、はしご受診・重複受診は控えるなど、適正受診へのご協力をお願いいたします。

福祉医療以外の公費負担医療制度の利用について

福祉医療制度に優先して医療費を助成する制度があり、そちらを利用していただくことにより、福祉医療制度の経費を節減することができます。
福祉医療制度を安定的に運営していくために、他の医療費助成制度との併用にご理解とご協力をお願いいたします。

他の医療費助成制度の一例

  • 自立支援医療(更生医療、育成医療、精神通院医療)
  • 特定疾患
  • 特定医療(指定難病)
  • 小児慢性特定疾病
  • 日本スポーツ振興センター災害共済給付 など

限度額適用認定証の提示について

入院等で医療費が高額になるときは、事前にご加入の健康保険組合等から「限度額適用認定証」もしくは「限度額適用・標準負担額減額認定証」の交付を受けてください。詳細については、ご加入の健康保険組合等へお問い合わせください。

関連記事

この記事に関する
お問い合わせ先

健康部 国民健康保険課 医療給付係

電話:027-898-6253 ファクス:027-243-9243
〒371-8601 群馬県前橋市大手町二丁目12番1号
お問い合わせはこちらから

更新日:2019年02月01日