海外で中東呼吸器症候群(MERS)が発生しています

中東呼吸器症候群(MERS) とは

 MERSコロナウイルスにより引き起こされる感染症で、2012年に初めて報告されました。主な症状は、発熱、せき、息切れなどです。下痢などの消化器症状を伴う場合もあります。MERSに感染しても、症状が現われない人や、軽症の人もいますが、特に高齢の方や糖尿病、慢性肺疾患、免疫不全などの基礎疾患のある人で重症化する傾向があります。主に中東地域で患者の発生が見られます。また、中東地域への渡航者からも患者が発生し、近隣国では韓国で中東地域への渡航者から感染が広がっています。

関連書類

関連サイト

この記事に関する
お問い合わせ先

健康部 保健予防課 感染症対策係

電話:027-220-5779 ファクス:027-223-8835
〒371-0014 群馬県前橋市朝日町三丁目36番17号(保健所2階)
お問い合わせはこちらから

更新日:2019年02月01日