大腸がん検診

大腸がんとは

大腸がんは、長さ約2メートルの大腸(盲腸・結腸・直腸・肛門)に発生するがんで、日本人ではS状結腸と直腸にがんができやすいといわれています。

大腸粘膜の細胞から発生し腺腫(せんしゅ)という良性のポリープの一部ががん化して発生したものと、正常な粘膜から直接発生するものがあります。粘膜の表面から発生したあと、大腸の壁に次第に深く侵入していき、進行するにつれてリンパ節や肝臓、肺など別の臓器に転移します。

原因

大腸がんの発生要因として、生活習慣では飲酒や肥満が、食生活では赤肉(牛・豚・羊の肉)や加工肉(ベーコン、ハム、ソーセージなど)の摂取増加が指摘されています。身体的な要因としては、高身長の人ほど発症リスクが高い傾向にあります。遺伝的な要因としては、直系の親族に家族性大腸腺腫症とリンチ症候群(遺伝性非ポリポーシス性大腸がん家系)にかかった人がいるという家族歴が知られています。

症状

早期の段階では自覚症状はありませんが、多い症状としては、血便、下血、下痢と便秘の繰り返し、便が細い、便が残る感じ、おなかが張る、腹痛、貧血、原因不明の体重減少などがあります。中でも出現の頻度が高い血便については、痔(じ)などの良性疾患でも同じような症状が起こるため、大腸がんの早期発見のためには早めに消化器科、胃腸科、肛門科などを受診することが大切です。時には、がんによる腸閉塞(へいそく)症状から嘔吐(おうと)などでがんが発見されることや、大腸がんの転移が、肺や肝臓の腫瘤(しゅりゅう)として先に発見されることもあります。

前橋市で実施している『大腸がん検診』

前橋市で実施している大腸がん検診の概要
対象者 40歳以上の市民
 本人負担額 無料
受診方法 以下のどちらか一方を選択し、受診しましょう。
  1. 個別検診:前橋市内の医療機関で受診する。(各医療機関へ予約が必要です。)
    医療機関一覧はこちらをクリックしてください(PDF:1.7MB)
  2. 集団検診:公民館等で受診する。(各申込先へ予約が必要です。)
    集団健診(検診)の日程はこちらをクリックしてください(JPEG:545KB)
検査内容 問診、便潜血検査(専用の容器に2日間の便を取り、潜血反応の有無を調べます)
受診回数 お一人様、年1回
受診期限

個別検診:令和2年7月1日から令和3年2月末日まで

集団検診:令和2年8月から令和2年11月まで

持ち物
  1. 令和2年度前橋市健康診査受診シール
  2. 健康保険被保険者証

注意事項

検温とマスク着用をお願いします

検診を受ける方は、当日自宅で検温を済ませ、マスクを着用してください。検温の結果、平熱より体温が高い方や風邪の症状が持続している方は、検診の受診を控えてください。

この記事に関する
お問い合わせ先

健康部 健康増進課 健康づくり係

電話:027-220-5784 ファクス:027-223-8849
〒371-0014 群馬県前橋市朝日町三丁目36番17号
お問い合わせはこちらから

更新日:2020年08月04日