身体障害者補助犬について


身体障害者補助犬(補助犬)とは、目や耳、手足等に障害のある方の生活をお手伝いする盲導犬、聴導犬、介助犬のことです。

障害者の大切なパートナーであり、ペットではありません。常に使用者のそばに寄り添い、自立した生活を支えています。身体障害者補助犬法により、人が立ち入ることのできる様々な場所に同伴できることが認められています。補助犬のことを正しく理解し、社会の仲間として受け入れてください。

のどかな道端でシットするオーレくん

身体障害者補助犬の種類

盲導犬

目の見えない人や見えにくい人が安全に歩けるよう、障害物を避けたり、立ち止まって曲がり角や段差等を教えます。体に白または黄色のハーネスという胴輪をつけていて、「盲導犬」と表示しています。

介助犬

手や足に障害のある人に、物を拾って渡したり、スイッチを押したり、脱衣の介助など、日常動作のサポートをします。「介助犬」と表示した胴着などを付けています。

聴導犬

耳の聞こえない人や聞こえにくい人に、玄関のチャイム音、お湯のわいた音、赤ちゃんの泣き声、車のクラクションなど生活上必要な音を聞き分けて教えます。「聴導犬」と表示された胴着などを付けています。

 

身体障害者補助犬法に基づき訓練施設で特別な訓練を受け認定された犬で、施設などの利用時には健康管理手帳と盲導犬使用者証または身体障害者補助犬認定証を携帯しています。

社会のマナーを守れるようにきちんと訓練されており、ユーザーが責任をもって行動と衛生管理を行っているのでいつも清潔です。

こちらを見つめるディプシーくんのアップハーネスを付けてりりしく見つめるアニーちゃんの写真

補助犬の受け入れ

補助犬の受け入れは身体障害者補助犬法により義務付けられており、やむを得ない理由もなく「犬だから」「毛が落ちるから」という理由で受け入れを拒否することはできません。

受け入れ義務のある場所

市役所、図書館、ホールなど国や地方自治体が管理する公共施設、電車・バス・タクシーなど公共交通機関、不特定かつ多数の人が利用する民間施設、スーパーなど商業施設、レストランなど飲食店、病院、ホテルなど宿泊施設 等

補助犬を連れた人がきたら

  1. 補助犬ユーザーに対し、周囲の方にアレルギーの有無等を確認するのでお待ちいただくことを説明します。あまり混雑していなかったり、十分なスペースがある時はそのまま受け入れてください。
  2. 周囲の方に対し、補助犬を同伴された方をご案内するため、動物アレルギーや免疫について配慮が必要な方、犬嫌いの方がいないかを確認します。
  3. 2.に該当する方がいたら、その旨をユーザーに伝え、待機場所等について話し合って決めてください。
  4. 先に補助犬ユーザーがいる場合は、近い席にご案内するお客様に対しても説明と確認をしてください。双方が安心して過ごせるよう配慮をお願いします。
新幹線の車窓から外を眺めるカイルくんの写真

その他詳しくはQ&Aをご覧ください。

受け入れのためにお願い

スムーズな受け入れや他のお客様へご理解いただくために、入り口や目立つ場所にポスターやステッカーを掲示し啓発を図ってください。

スタッフや従業員にも受け入れ対応について把握いただくため、マニュアルの見直しや定期的な確認・研修を行ってください。

ほじょ犬マーク

不安に思うことがある人は

補助犬ユーザーは補助犬が他人に迷惑を及ぼさないよう行動を管理することとされており、また補助犬を清潔に保つ等により公衆衛生上の危害を生じさせないよう努めなくてはならないとされています。衛生面や健康面で気になる点があった場合は、ユーザーに対し直接確認したり、補助犬の健康管理手帳の提示を求めてください。また、補助犬が困った行動をしているような場合は、直接ユーザーに教えてください。

身体障害者補助犬法について

身体障害者補助犬法は身体障害者の自立と社会参加の促進に寄与することを目的とし、2002年10月から施行されました。概要は下記リンクをご覧ください。

補助犬の貸与や受け入れに関するお問い合わせ

貸与を希望される方、受け入れについてのご相談等は下記担当までお問合せください。

各協会のパンフレット、厚労省作成のリーフレットや啓発のためのステッカー・ポスターもご用意しています。

バラの中でダウンするコニーちゃんの写真

関連リンク

この記事に関する
お問い合わせ先

福祉部 障害福祉課 福祉サービス係

電話:027-220-5711 ファクス:027-223-8856
〒371-0014 群馬県前橋市朝日町三丁目36番17号
お問い合わせはこちらから

更新日:2022年09月02日