自転車に乗るときのルール

上の文字サイズのボタンで文字の大きさを変えられるよ

自転車(じてんしゃ)に乗る(のる)ときは、次(つぎ)のようなルールがあるよ。

自転車(じてんしゃ)に乗る(のる)ときのルール

  • 二人乗り(のり)をしない
  • 横(よこ)に並ん(ならん)で走らない
  • 傘(かさ)差し(さし)運転(うんてん)をしない
  • 携帯(けいたい)電話を使い(つかい)ながら走らない
  • ヘッドホンを耳にしながら走らない
  • 暗く(くらく)なったらライトを点ける
  • ヘルメットをかぶる

道路(どうろ)を走るとき

  • 道路を通る時は、「左のはし」を通るのが正しいよ。

歩道がある場合

13歳(さい)になっていない子どもは歩道を走ることができるから、安全(あんぜん)のためになるべく歩道を走ろうね。
でも、歩道は歩く人のためのものだから、ゆっくりと走ろうね。

歩道の走りかたのイラスト

歩道の走りかた

標識の写真

自転車歩道通行可の標識

路側帯(ろそくたい)がある場合

自転車(じてんしゃ)が走れるのは、道路(どうろ)の左側(ひだりがわ)の路側帯(ろそくたい)の中だけだよ。

ことばのせつめい

路側帯(ろそくたい)

歩道と車道を分けている道路(どうろ)のはしに引かれた白い線の中のところ

路側帯の走りかたのイラスト

路側帯の走りかた

道路(どうろ)を渡る(わたる)とき

  • 道路(どうろ)を渡る(わたる)ときは、どんなところでも必ず(かならず)止まることが大事(だいじ)だよ。
  • 右・左・右をよく見て、安全(あんぜん)を確認(かくにん)してから渡り(わたり)ましょう
道路の写真

信号(しんごう)のある交差点(こうさてん)

交差点の写真1

自転車(じてんしゃ)マークがあったら、必ず(かならず)そこを通りましょう。

自転車(じてんしゃ)のマークがなくても、横断(おうだん)歩道があるときは、その横断(おうだん)歩道を渡り(わたり)ましょう。でも、横断(おうだん)歩道では、歩いている人の迷惑(めいわく)にならないようにしようね。

交差点の写真2

自転車(じてんしゃ)のマークや横断(おうだん)歩道を渡る(わたる)ときは、人の形のマークがある信号機(しんごうき)を守っ(まもっ)て渡り(わたり)ましょう。

人の形のマークがある信号機(しんごうき)がないときは、車と同じ信号機(しんごうき)を見てね。

この記事に関する
お問い合わせ先

未来創造部 交通政策課

電話:027-898-6263 ファクス:027-224-3003
〒371-8601 群馬県前橋市大手町二丁目12番1号
お問い合わせはこちらから

更新日:2019年02月01日