犬の飼い主を募集しています

群馬県在住の方に、犬の譲渡事業を行っています。

譲渡にあたってはいくつか要件があります。
詳しくは、下記リンク「犬・ねこの譲渡事業」をご覧ください。

(注意)犬・ねこと対面するためには、譲渡希望者として申込み後、講習会を受講している必要があります。

また、月に1回程度、不定期ですが犬猫ふれあい譲渡会(下記リンク参照)を開催しています。(注意)事前予約制(定員10組)

譲渡会について動画でもご案内しています!

平日は、保健所窓口にて、譲渡受付(8時30分~16時)をしております。
(担当者不在の場合がありますので、事前に電話連絡をお願いします。)

群馬県外在住の方が譲渡を希望される場合は、衛生検査課までお問い合わせ下さい。

各年度の新しい飼い主が決まった犬の頭数一覧
  新しい飼い主が決まった犬の頭数
令和元年度 97頭(うち子犬74頭)
平成30年度 118頭 (うち子犬 74頭)
平成29年度 148頭 (うち子犬 91頭)

保健所からのお願い

掲載されている子犬のほとんどが、野良犬の産んだ子や飼い犬に野良犬がかかって生まれた子です。
望まれない子犬が産まれないよう、以下のことをお願いします。

  • 飼い犬を捨てないでください。
  • 鑑札、名札やマイクロチップを犬につけてください。(名札には名前と電話番号を書いておきましょう。)
  • 迷子になったら、すぐに保健所にご連絡ください。
  • 望まれない子犬が産まれないよう去勢・不妊手術をしてください。

飼い主を募集している犬の一覧

先着順でのお渡しとなります。
子犬のお渡しは、概ね生後2ヶ月齢を過ぎてからになります。
また、子犬が成犬になったときの大きさは、中型犬以上(体重15kg以上)と推察されます。
(注意)親犬の大きさがわからないので正確にはわかりません

項目欄
管理番号 写真 ワクチン接種日等
名前
犬種
性別 備考欄
毛色
推定年齢

 

詳細情報
     
 
 
   
 
 

 

(注意)動画で紹介している犬猫がすでに譲渡されている場合もありますので、ご了承ください。

子犬(生後2ヶ月~8ヶ月程度)の譲渡を希望している方へ

動物のQOL(quality of life ; 生活の質)確保の為、次のことが要件となります。

  1. 生後8ヶ月齢頃まで一日3回食事を与えられる。
  2. 犬だけになるお留守番の時間が数時間以内である(月齢に応じて緩和)。
  3. 少なくとも生後6か月頃まで室内で飼育し、子犬の時期に必要なしつけ等ができる。

ご理解のほどよろしくお願いいたします。

新しい飼い主から届いた「しあわせのお便り(犬)」をご覧ください

令和2年6月19日受付(令和元年12月22日譲渡)

息子が名付け親となり「モコ」という家族ができました。
性格的に明るく、初めから怯えたり、人を怖がる様子も見せずに
誰にでも愛想を振りまいてくれるとても良い子でした。

体重も4kgだったのが今では15kgと立派に成長しました。
大きな体で今でも遊んでと飛びついてきます。

これからもモコに癒されたり、困らされたりしながら
家族と一緒に過ごしていけたらと思っています。
ありがとうございました。

モコ
モコ
モコ

令和2年5月19日受付(令和元年9月5日譲渡)

保健所では「しま」の呼び名だった子は、わが家にやってきて「うめ」と名付けられました。
今は体重10キロを超え、子犬で迎えてからだいぶ大きくなりました。

「うめ」はわが家にきた当日から2日間ケージにこもったままでした。
本当に臆病な子で、正直わが家で大丈夫だろうかと何度も不安にもなりました。
でも時間が経つにつれてどんどん慣れてきました。心を開き始めたのか、
しっぽをふる姿も見られるようになり、今では本当に可愛いくて賢い子になりました。
わが家に来た頃の「うめ」なのかと、信じられないほどに懐いています。

現在の「うめ」はいつも家族の中心で、私たちを繋いでくれます。
散歩も大好き、車に乗るのも慣れました。

当初は「うめ」を引き取るかどうか家族で相談し、とても悩みました。
今では本当に本当に良かったと思っています。保護犬でも愛情を持って接すれば大丈夫です。
ペットショップで購入する前に、愛護センターや保健所の保護犬を見てください。
もし里親になったら、その子の最後を迎えるまでの覚悟を持って愛情を注いで下さい。

保健所の方、保健所でボランティアをされている愛護団体の方々、
「うめ」を始め、保護犬を大事にしていただいて、ありがとうございました。

うめ1
うめ2
うめ3

令和2年5月21日受付(令和2年1月19日譲渡)

以前飼っていた飼い犬が15年間の犬生を閉じ、家族共に落ち込んでいました。
そんな中で愛護センターや保健所で譲渡会を行っている事を知り、
家族でまた飼おうと相談して出会ったのがレオン(旧姓あか)でした。

譲渡して頂き、保健所から自宅までの道のりは一時間。
家族はこれからの楽しみで幸せな時間を想像しながらの道中でしたが、
レオンは初めての車なので案の定、車酔い…
今ではすっかり慣れて、出かける時は助手席が指定席。
今となっては良い思い出です。
注射や去勢手術なども無事に終えて、
イタズラとお母さんが好きな立派な甘えん坊に育ちました。
しつけに関しても言うことはなく、トイレもすぐに覚えてしまい、
一番賢い犬ではないかと思ってしまうくらいお利口さんです。

私たち家族はレオンに出会えたことに感謝しております。
携わっている関係者の方々に御礼を申し上げます。

レオン
レオン
レオン

令和2年5月18日受付(令和2年3月23日譲渡)

この子の里親になってから数か月が経ち、去勢手術も無事に終わました。
フィラリア予防の薬も開始します。

散歩に行く時は嬉しすぎて飛び跳ねてはしゃいでいます。
毎日、家族も楽しく過ごさせてもらい、この子には日々感謝しています。
ありがとうございました。

saitou

令和2年5月13日受付(令和元年11月7日譲渡)

ルーク(旧姓ポップ)の里親になってから
登録、任意ワクチン、マイクロチップの装着、去勢手術とスムーズに行えましたが
狂犬病予防注射をするのにうまく病院と連絡が取れなく、
今まで滞りなく出来ていた為に、少し慌ててしまいました。

ルークは元気に育ち、体重も15kg近くになりました。
好奇心旺盛で活発な性格で、家族をいつも幸せにさせてくれます。

ご縁に感謝いたします。

ルーク

令和2年3月5日受付(令和元年11月10日譲渡)

譲渡する日に家族で迎えに行き、保健所から1時間弱のドライブの末に我が家に到着。
一週間位は慣れない環境に落ち着かず、体調を崩す日もありましたが
それを過ぎた以降は自分の家と認識したのかすっかり落ち着いて過ごしています。
アレルギー反応を起こし、薬でもなかなか治らず、大変な時期もありましたが
その度に家族と協力しあいながら乗り越え、絆もどんどん強くなったように感じます。

ちなみに名前は色々な名前を呼んでみて一番反応した「ちょこ」と
ビーグルの「ビ」を足してちょこびと名付けました。

我が家の家族になってまだ4ヶ月ですが縄張り意識も出てきて
家族以外には吠える「ザ・番犬」になりました。
散歩も落ち着いて行けるようになり、今ではゴロンとコマンドをすると
お腹を出して撫でてと催促するようにまでなりました。
そんな姿を見るともう何年も一緒に過ごしているような気がしてしまいます。

ちょこびも高齢に差し掛かっているので無理にしつけなどはせずに
穏やかな日々を家族と過ごしてくれたらなと思っています。

 

ちょこび1
ちょこび2

令和元年12月16日受付(令和元年11月5日譲渡)

ペルを譲り受けてから1ヶ月が過ぎました。
成犬譲渡だったので以前の環境や家族の顔も違う為に
ちゃんと懐いてくれるかと心配をしていた家族をよそに
食欲旺盛で健康診断でも心臓が丈夫だとのお墨付きを頂きました。

動物病院にて診断や一定の治療をしてもらい、9種混合ワクチンを無事に終えて
様子を見て狂犬病予防接種を行う予定になっております。

ペルはとても甘えん坊で寂しがり屋さんでした。
それがまた可愛くて仕方ありません。
まだここに来て1ヶ月しか経っていないのに今ではすっかりここが我が家になり
近所の方にも名前を呼んでもらって可愛がられるようにもなりました。

ペルを家族に迎え入れて正解でした。
ペルのおかげでみんなが幸福感を味わっております。
ありがとうございました。

ペル
ペル

令和元年11月14日受付(平成31年3月17日譲渡)

小さかったランちゃん(旧名つぼね)ですが今では15kgになり毎日元気に過ごしています。
家の中で過ごすことが多いのですがおもちゃでよく遊び、人の言葉をよく聞いており
人間のように理解しているのかと思ってしまう程とても賢い子です。
可愛くてたまらず、お昼寝も夜も一緒に寝てしまいます。

ランちゃんに出会えたことを保健所の皆様、ボランティアの方に感謝しています。
これからもずっと大切にしていきたいと思います。

ラン
ラン
ラン

令和元年10月24日受付(令和元年5月19日譲渡)

たくさん仔犬がいる中で一目惚れをした
旧名メアリー改めロアを家族に迎えて半年以上が過ぎました。
当時は2.6kgでしたが今では10.5kgと立派な身体に育ちました。

初めて家に来た頃は見る物全てが新鮮で音に驚き、車のドライブも怖がったりしながらも
家族の愛情をいっぱい注いでもらい日々成長していきました。
今では人が大好きで知らない人にも平気でお腹を見せたり、
撫でてもらいたくて催促してくるほどの甘えん坊になり、
家族に迎え入れて本当に良かったと思っています。

これからもロアとたくさんの思い出を作っていく未来を家族一同楽しみにしています。
このようなきっかけを作って下さっている保健所の方々に感謝しています。
ありがとうございました。

ロア
ロア
ロア

令和元年9月26日受付(令和元年5月13日譲渡)

旧姓おたま改め、家族で名前を考えて白い色という意味の『ブラン』と名付けました。
去勢手術も無事に終え、家族の心配をよそに
お腹を天井に向けリラックスして日々生活しております。

譲渡当時3kgだった体重も10kgになり、体つきも大分しっかりしてきましたが
膝に乗って撫でるのをせがんだり、遊ぶことを要求したりと甘えん坊になっています。
先日にはドッグランデビューも果たしました。

譲渡事業のおかげでブランと出会えて本当に良かったです。
ありがとうございました。
 

ブラン
ブラン

令和元年8月30日受付 (令和元年6月27日譲渡)

関連記事

この記事に関する
お問い合わせ先

健康部 衛生検査課 生活衛生係

電話:027-220-5777 ファクス:027-223-8835
群馬県前橋市朝日町三丁目36番17号
お問い合わせはこちらから

更新日:2020年06月23日