ゼロカーボンシティを表明します

2015年に合意されたパリ協定では、「世界全体の目標として産業革命前からの気温上昇を2度よりかなり低く抑え1.5度未満に向けて努力する」ことが決定され、2018年に採択された気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の特別報告書では、この目標を達成するためには、2050年頃には実質ゼロに達することが必要と報告されました。

こうした目標の達成に向け、政府は2050年までに温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする「2050年カーボンニュートラル」を目指すことを宣言し、環境省では、2050年までに温室効果ガス(二酸化炭素)排出実質ゼロを目指す「ゼロカーボンシティ」の表明を全国の自治体へ呼びかけています。

こうした国内外の動向を踏まえて、本市においても「2050ゼロカーボンシティまえばし」を目指すことを表明します。

「2050ゼロカーボンシティまえばし」について

ゼロカーボンシティの表明に当たり、2021年3月に策定した「前橋市地球温暖化防止実行計画2021-2030」に2050年の将来像を記載しました。

今後は、同計画に位置付ける各施策を市民、企業・団体と連携しながら推進していくとともに、社会状況の変化や期待される新たな技術革新を見据えた取組を展開しながら「2050ゼロカーボンシティまえばし」を目指します。

小泉環境大臣からのメッセージ

「2050ゼロカーボンシティまえばし」の表明に対し、小泉環境大臣からメッセージをいただきました。

この記事に関する
お問い合わせ先

環境部 環境森林課 環境政策係

電話:027-898-6292 ファクス:027-223-8524
〒371-8601 群馬県前橋市大手町二丁目12番1号
お問い合わせはこちらから

更新日:2021年04月22日