特定外来生物「アカカミアリ」に関するお知らせ

前橋市内での「アカカミアリ」の確認について

前橋市で発見されたアカカミアリの写真

今回確認されたアカカミアリ(群馬県自然環境課より提供)

 平成30年7月2日(月曜日)に、前橋市内の事業者倉庫に搬入された貨物において事業者により発見されたアリ10数個体について、専門家による種の同定の結果、7月4日(水曜日)に特定外来生物である「アカカミアリ」と確認されました。発見された個体については、既に殺虫処分を実施しており、現在までに、発見地点周辺から新たなアリは確認されていません。
群馬県内で「アカカミアリ」が発見されたのは、今回が初めてです。

1 これまでの経緯

経緯の表
日付 状況
6月8日 スリランカのコロンボ港から当該コンテナを積載した船舶が出港
6月18日 台湾の高雄港において当該コンテナを別の船舶に積み替え、出港
6月23日 東京港に入港し青海コンテナふ頭に陸揚げ
6月30日 青海コンテナふ頭からコンテナを搬出
7月2日 コンテナを前橋市内の倉庫へ搬入
荷降ろし後に事業者が貨物の容器外部に付着したアリを発見
7月3日 事業者から関東地方環境事務所に連絡
群馬県及び前橋市が発見地点周辺の調査(~7月5日)を実施
7月4日 当該アリについて、専門家がアカカミアリであることを確認

2 対応状況

 7月3日(火曜日)からこれまでに、県及び前橋市で事業者の協力を得て現地調査を行ったところ、発見地点周辺で新たな個体は確認されませんでした。念のため、当分の間、事業者と協力して粘着トラップ及びベイト剤(殺虫餌)を設置します。

3 アカカミアリについて

 アカカミアリは、南米原産で、体長3~8ミリメートル程度の赤褐色のアリです。腹部に毒針をもち、刺されると激しい痛みがあります。現時点では、アカカミアリと疑わしいアリは他に確認されていませんが、もし疑わしい個体を発見した場合は、素手で触るなど刺激しないでください。

「アカカミアリ」を発見した時の対応

 アカカミアリを刺激(アリを踏もうとしたり、巣を壊したり等)すると刺される場合があります。見つけた場合は絶対に素手で触らず、環境森林課(電話:027-898-6292(直通))にご連絡ください。

「アカカミアリ」に刺された時の対応

 まずは安静(20~30分程度)にし、容体が急激に変化することがあれば、最寄りの病院を受診してください。
 受診の際は、「アリに刺されたこと」「アナフィラキシー(重度のアレルギーであること)の可能性があること」を伝えてください。

 刺された場合に発症する症状は、以下のとおりです。

  • 軽度の場合は、刺された部分の痛みやかゆみ
  • 中度の場合は、じんましん
  • 重度の場合は、呼吸困難・血圧低下・意識障害

関連書類

この記事に関する
お問い合わせ先

環境部 環境森林課 環境政策係

電話:027-898-6292 ファクス:027-223-8524
〒371-8601 群馬県前橋市大手町二丁目12番1号
お問い合わせはこちらから

更新日:2020年04月01日