水道管の防寒対策はお済ですか?

寒さが厳しくなってきましたが、水道管の防寒対策はお済みですか?
気温がマイナス4℃以下になると、水道管の凍結が多くなります。

凍結しやすい場所は

・水道管がむき出しになっているところ(給湯器に接続している配管等)
・水道管が戸外や北向きの日陰にあるところ(外水栓、湯沸かし器の元栓等)
・北向きにある水回り(洗面所やトイレの蛇口等)

凍らないための予防を

 以下に凍結を防止する方法の一例を紹介します。
 まず外水栓の対策として、水道管や蛇口に毛布・布などの保温材を巻き付け、ひもやビニールテープで押さえてください。(写真1~写真3)
 また、水道メーター付近の対策として、布や発泡スチロールなどを詰めたビニール袋をメーターボックスに入れて保温してください。ただし、検針できるようにメーターの上面は空けておいてください。(写真4)

(写真1)

(写真2)

(写真3)

(写真4)

破裂して水が噴出したら

 メーターボックス内の止水栓を閉めて水を止め、破裂した部分に布やテープを巻き応急処置をして、最寄りの指定給水装置工事事業者へ修理を依頼してください。
指定給水装置工事事業者一覧については下記リンクをクリック

凍って水が出ないときは

 自然に溶けるのを待つか、タオルをかぶせてゆっくりとぬるま湯をかけます。熱湯を直接かけるのは水道管が破裂することもあり危険です。絶対にやめてください!

問い合わせ先

水道整備課 維持修繕係
電話:027-898-3033(平日 8時30分~17時15分)
027-234-5511(平日夜間、土曜、日曜、祝日)

この記事に関する
お問い合わせ先

水道局 水道整備課

電話:027-898-3022 ファクス:027-235-5726
〒371-0035 群馬県前橋市岩神町三丁目13-15
お問い合わせはこちらから

更新日:2019年02月01日