高齢者の誤飲・誤食事故に注意しましょう!

消費者庁より、65歳以上の高齢者の誤飲・誤食事故が起こりやすい状況等の紹介と、高齢者のいる家庭に対して、事故防止のための注意喚起が行われました。
詳しくは、消費者庁ホームページを閲覧してください。

主な注意点

  • 医薬品の包装シートは1錠ずつに切り離さないようにしましょう。
  • 定期的に歯科を受診し、義歯を良好な状態に保つとともに、食後に義歯を確認しましょう。
  • 食器の中に洗剤や漂白剤を入れて放置しないようにしましょう。
  • 食品や飲料とそれ以外のものは別の場所で保管しましょう。
  • 食品の容器に食品以外のものを移し替えないようにしましょう。
  • 誤飲・誤食すると危険なものは、認知症の方の手の届かないところに保管しましょう。

この記事に関する
お問い合わせ先

市民部 生活課 消費生活センター

電話:027-230-1755 ファクス:027-230-1756
〒371-0022 群馬県前橋市千代田町二丁目5-5 シーズ・ポート2階
お問い合わせはこちらから

更新日:2019年09月24日