催事(イベント)等で臨時的に行う食品提供ついて

催事等において不特定多数の者を対象として簡易な施設を設けて食品を提供する場合は、「前橋市催事等における仮設食品営業等の取扱要綱」に基づき、営業許可又は営業届が必要な場合があります。

催事とは

「催事等」とは、季節的又は一時的に公共的目的をもって開催され、不特定多数の者が自由に参加できる催し物で次の範囲になります。

  1. 神社・仏閣の縁日・祭礼

  2. 花見、夏祭り、花火大会

  3. ふるさと祭、住民祭

  4. 盆踊り、町内祭り

  5. 農業祭、商工祭、畜産振興祭

  6. 学園祭、運動会、文化祭

  7. 病院祭

  8. 競技会

  9. 福祉バザー

  10. 歩行者天国

  11. 地域振興を目的とするイベントで、国や地方公共団体が主催・共催・後援する行事

  12. その他これらに類する催事

(注意)以下に該当する場合は、催事等には該当ぜず、原則として常設営業許可(固定店舗や食品営業自動車)がなければ出店できません。

  • 企業等による営利を目的とした集客イベント(開店セール、商業セール)

  • 教育の一環で行われる中学校、高等学校等の時季のスポーツ大会

  • 同一の場所で反復継続して出店する場合

  • その他、常設営業許可が要すると判断される場合

なお、目的や規模や内容に応じて変わりますので、催事等の主催者は、必要に応じて、前橋市保健所衛生検査課まで、お早めに問い合わせ下さい。

食品営業許可、届出の可否について

催事に該当する場合は、食品営業許可、届出が必要な場合があります。

許可、届出の可否については、フローチャート(Wordファイル:61.6KB)を参照ください。

食品営業許可申請を行う場合

開催日の15日くらい前に必要書類を保健所へ提出してください。

【必要書類等】

1.食品営業許可申請書(Excelファイル:41.3KB)

2.出店者一覧表(Excelファイル:20.3KB)(記載例も同ファイル内に有ります。)

3.出店者配置図(テント、水道の位置など記載)

4.催事等の概要

5.申請手数料(飲食店営業(仮設): 8000円)

届出を行う場合

下記の表及びフローチャート(PDFファイル:128.6KB)を参照し、一定規模以上であり、地方公共団体(関係課)自らが届出る場合は、必要書類を提出してください。

届出が必要および不要な催事の具体例
催しの例 届出
国又は地方公共団体が主催又は共催する規模の大きな催し
公民館や公共施設において広域に広告する催し
地区町内会の納涼祭やバザー 不要
小学校や保育所等の運動会やバザー 不要
高等学校及び専修学校の学園祭 不要
社会福祉施設等が行うお祭りやバザー 不要

【必要書類】

1.催事等の開設届出書(Wordファイル:24.3KB)

2.出店者一覧表(Excelファイル:20.3KB)(記載例も同ファイル内に有ります。)

3.出店者配置図(テント、水道の位置など記載)

4.催事等の概要

食品提供における注意事項

リスクについて

 テント等における調理は衛生的に十分ではなく、下記のリスクがつきまといます。

食中毒リスクを伴う環境およびその事由となる状況
環境 状況
水道水の常時供給不可

十分な手洗いができない

調理器具の洗浄・消毒ができない

冷凍(冷蔵)設備の設置し難い

食品の温度管理ができない

慣れない作業環境
繁忙期の多量の調理

十分な加熱ができない

屋外での調理

砂埃や粉塵による食品汚染の機会

食品提供について

催事等で調理・提供できる食品は、別表の「取り扱い可能な食品」に限ります。

(別表)取り扱い可能な食品(PDFファイル:150.3KB)

取扱い可能な食品の注意事項及び、下記に注意事項を遵守してください。

  • 客への提供直前に加熱処理が行える食品を提供すること。ただし、かき氷、ところてん、清涼飲ふた付きで耐水性がある適当な廃棄物を保管する容器を備えること。料水及びクレープ、団子、果実チョコ等のいわゆるトッピング、からめ等を行うものはこの限りでない。

  • 原材料の細切など仕込みが必要な場合は、清潔な調理、加工施設等で当日に仕込みを行い、必要に応じて使用(調理)直前まで冷蔵保管すること。

  • 販売量を見越んだ調製を行い、購入した食品は速やかに喫食するよう促すこと。

  • 生めんのゆで行為等その場での製造、加工又は調理に多量の水の使用を必要とするものは取り扱わないこと。

  • 食品表示法(平成25年法律第70号)に基づき表示基準のあるものについては、基準を遵守して販売すること。

なお、 食品間の相互汚染及び調理従事者からの2次汚染防止のため、提供可能な品目数は、別表に掲げる一分類(同一の調理器具を使用する場合に限る。)に限るものとする。

施設基準について

  • 営業施設は、公衆衛生上支障のない場所に位置すること。

  • 営業施設は、建物の周囲の汚染及び騒音並びに客の行為により付近居住者に公衆衛生上有害な影響を与えるおそれのある場所に位置しないこと。

  • 営業施設は、他人の所有する土地内(道路を含む。)に位置しないこと。
    ただし、その所有者又は管理者の許可等を受けた場合は、この限りではない。

  • 防じん及び防虫ができる衛生的な食品及び食器具の保管容器を備えること。

  • 流水式洗浄設備及び手指消毒装置を設けること。

  • 使用水は、水道水また飲用適の水であって、十分供給されること。水道を使用しない場合にあっては、36リットル以上の水を貯留して密閉できる設備を設けること。

  • ふた付きで耐水性がある適当な廃棄物を保管する容器を備えること。

調理従事者について

  • 手指に傷のある人、下痢や吐き気などの消化器症状がある人は、絶対に調理に従事しない・させない。

  • 爪は短く切り、食品を取扱う前及び用便後等は、必ず手洗い(手指の洗浄及び消毒)を行う。

  • 清潔な衣服を着用し、見だしなみに留意(毛髪等の混入に注意)する。

根拠書類

この記事に関する
お問い合わせ先

健康部 衛生検査課 食品衛生係

電話:027-220-5778 ファクス:027-223-8835
群馬県前橋市朝日町三丁目36番17号
お問い合わせはこちらから

更新日:2021年07月19日