野生イノシシへのCSF(豚熱)経口ワクチンの散布を実施します

野生イノシシに対するCSF経口ワクチン

本市におけるCSFの発生防止を目的として、本ウイルスを媒介する野生イノシシに対し、CSF経口ワクチンの野外散布を実施します。

散布するワクチンは、食品安全委員会で安全と評価された成分からできていて、ペット等が誤って食べてしまっても害はありません。

日程、場所及び回収について

経口ワクチン散布日程
1回目 令和 3年11月 9日(火曜日)から11月10日(水曜日)の間
2回目 令和 3年12月 7日(火曜日)から12月 8日(水曜日)の間

前橋市内のからっ風街道(広域農道)沿線山林にて散布します。2回目は1回目と同じ場所に散布予定です。

なお、散布日程は、天候等により変更する場合があります。

イノシシが食べ残したワクチンは、摂食率などの調査のために回収します。

皆様へお願い

 

  • 散布した場所には、掲示板を設置しますので、近づかないでください。

関連情報

この記事に関する
お問い合わせ先

農政部 農政課 有害鳥獣対策係

電話:027-225-7105 ファクス:027-283-2517
〒371-0231 群馬県前橋市堀越町1115番地(大胡支所内)
お問い合わせはこちらから

更新日:2021年11月11日