新型コロナウイルス感染症の影響による介護保険料の減免について

新型コロナウイルス感染症の影響により収入が減少した第1号被保険者(65歳以上の方)は、国が定める基準に基づき、申請により介護保険料が減額または免除になる場合があります。

減免に該当するか判定する簡易的なフローチャートを用意しましたので、該当することを確認の上、手続きをお願いします。

減免の要件

減免の対象となるのは、以下の 1 または 2 のいずれかに該当する場合です。

  1. 新型コロナウイルス感染症により、同一世帯の主たる生計維持者が死亡し、又は重篤な傷病を負った場合
     
  2. 新型コロナウイルス感染症の影響により、同一世帯の主たる生計維持者の収入減少が見込まれ、以下の2点の要件をすべて満たす場合
     
  • 令和2年度の事業収入等(事業収入、不動産収入、山林収入、給与収入)のいずれかの収入が、令和元年(平成31年1月1日から令和元年12月31日まで。以下同様)の収入に比べて10分の3以上減少する見込みであること
     
  • 収入減少が見込まれる種類の所得以外の令和元年の所得の合計額が400万円以下であること

減免の対象となる保険料

平成31年度および令和2年度の介護保険料のうち、令和2年2月1日~令和3年3月31日に納期限が設定されているもの

(減免の対象月については、感染症拡大による影響が生じ始めた時期で判断します。)

申請方法

申請には介護保険料減免申請書のほか、収入申告書、該当する要件ごとの「証明書類」の提出が必要です。

減免対象になると思われる方は、申請書類等を郵送しますので、介護保険課 保険料係【027-898-6159・6158】までご連絡ください。

なお、申請書類は窓口【前橋市役所1階12番 介護保険課】でも配布します。

この記事に関する
お問い合わせ先

福祉部 介護保険課

電話:027-898-6159 ファクス:027-243-4027
〒371-8601 群馬県前橋市大手町二丁目12番1号
お問い合わせはこちらから

更新日:2020年07月10日