補装具費の支給、日常生活用具の給付、紙おむつサービス等について

補装具費の支給、日常生活用具の給付、紙おむつサービス等について掲載しています。
ご覧になりたい制度をクリックしてください。

 

補装具費の支給、日常生活用具の給付、紙おむつサービス等一覧表

事業内容 お問い合わせ先

補装具費の支給

必要と認められた障害者(児)難病患者等に、次の補装具の購入・修理費等を支給します。等級による制限と所得に応じた自己負担があります。
介護保険対象者は、介護保険制度と重複する品目について、原則介護保険制度の利用が優先になりますので、介護保険課に相談してください。必ず購入前に申請してください。
品目によっては判定を必要とするものもあります。

肢体不自由

義肢、装具、車いす、電動車いす、歩行器、歩行補助つえ、座位保持装置、重度障害者用意思伝達装置
(以下障害児のみ)座位保持いす、起立保持具、頭部保持具、排便補助具

(注意)介護保険制度と重複する品目については下記のとおりです。
車いす、電動車いす、歩行器、歩行補助つえ

視覚障害

盲人安全つえ、義眼、眼鏡

聴覚障害

補聴器

必要な物

身障手帳又は難病等を証明する書類(特定疾患医療受給者証等)、本人の個人番号のわかるもの、印鑑等

障害福祉課
電話番号
027-220-5711
ファクス
027-223-8856

日常生活用具の給付

在宅の重度障害者(児)等(難病患者等含む)に、日常生活していく上で必要と思われる用具を給付します。障害者手帳の等級による制限(難病患者等は所定の診断書が必要)と所得に応じた自己負担あり。(一定所得以上の場合は支給対象外となります。)必ず、購入・施工前に申請してください。


用具は、大きく分けて以下の6つに分類されます。

  1. 介護訓練・支援用具
  2. 自立生活支援用具
  3. 在宅療養等支援用具
  4. 情報・意思疎通支援用具
  5. 排泄管理支援用具(紙おむつ含む)
  6. 住宅改修費

詳細の種目、対象者、性能、耐用年数については、下記添付ファイル別表1~3を参照してください。
介護保険対象者は、介護保険制度と重複する品目について、原則介護保険制度の利用が優先になりますので、介護保険課に相談してください。

 

必要な物

身障・療育・精神手帳、特定疾患医療受給者証、所定の診断書(難病患者等)、印鑑等


日生具給付等事業実施要綱(PDF:240.6KB)
別表1 重度障害者種目等(PDF形式:240KB)
別表2 重度障害児種目等(PDF形式:243KB)
別表3 難病種目等(PDF形式:138KB)
別表4 基準単価表(PDF形式:148KB)
別表5 負担徴収基準額表(PDF形式:71KB)
様式1 日常生活用具意見書(PDF形式:50KB)
様式2 難病診断書(PDF:207.3KB)
様式3 日常生活用具意見書(紙おむつ)(PDF:123.5KB)

(注意)ネブライザー、電気式たん吸引器は所定の意見書がありますので障害福祉課へ事前に相談してください。

障害福祉課
電話番号
027-220-5711
ファクス
027-223-8856

自立高齢者日常生活用具の給付

 

在宅の介護保険非該当高齢者に、必要に応じた日常生活用具(歩行支援具、手すり、スロープ、入浴補助用具、介護用補聴器、助聴器)を調査後に給付します。1割の自己負担があります。必ず購入前に申請してください。


詳細はこちら→自立高齢者日常生活用具の給付

 

長寿包括ケア課
電話番号
027-898-6134
ファクス
027-223-4400

社会福祉協議会での福祉機器貸出

主に介護保険対象外で、福祉機器を必要とされる方に、介護用ベッド、車いすを貸し出します。管理費・運搬費用等がかかります。

市社会福祉協議会
電話番号
027-232-3848ファクス
027-232-3848

緊急通報装置の給付

 

外出困難な重度身体障害者のみの世帯で、市民税非課税世帯に、協力員などに連絡がとれる専用電話を給付します。
世帯員全員が非課税で、65歳以上の高齢者のみ又は65歳以上の高齢者と重度身体障害者のみの世帯等の場合は、介護高齢課の緊急通報システムの対象となりますので長寿包括ケア課に相談してください。(年齢により健康状態、身体状態等の対象要件あり)。

必要な物

身障手帳、印鑑

障害福祉課
電話番号
027-220-5711
ファクス
027-223-8856

長寿包括ケア課
電話番号
027-898-6152ファクス
027-223-4400

重度心身障害児・者等おむつサービス

 

1~3のいずれかに該当する、在宅の常時失禁状態にある3歳以上の方は、申請により、1か月3,000円分又は6,000円分の紙おむつを給付します。ただし、3の方は1か月3,000円分が上限となります。

  1. 特別障害者手当を受給中の方
  2. 障害児福祉手当を受給中の方
  3. 65歳未満で、疾患による神経障害に起因する排尿又は排便機能障害のある方

日常生活用具の給付制度前橋市要介護高齢者おむつサービスなど他の制度で紙おむつの給付を受けられる方は利用できません。

必要なもの

印鑑、所定の医師の診断書(3の方のみ)

障害福祉課
電話番号
027-220-5711
ファクス
027-223-8856

この記事に関する
お問い合わせ先

福祉部 障害福祉課 福祉サービス係

電話:027-220-5711 ファクス:027-223-8856
〒371-0014 群馬県前橋市朝日町三丁目36番17号
お問い合わせはこちらから

更新日:2019年08月07日