要約筆記体験教室・要約筆記者養成研修

要約筆記を学ぶには

 聴覚障害者等のコミュニケーションを支援する制度には、手話通訳者の派遣の他に、要約筆記者の派遣があります。
 要約筆記とは、音声言語を文字にして聴覚障害者に伝える方法です。少人数の場合は紙に書くノートテイクという方法で行いますが、大人数が集まるところでは、手書きやパソコンに入力した文字をスクリーンに映し出します。
 前橋市では、下記の教室や講座を開催しています。

要約筆記体験教室(要約筆記を初めて学びたい方)

 前橋市では、音声情報を早く、正しく、読みやすく聴覚障害者等に伝える要約筆記の1日体験教室を開催しています。

(注意)令和3年度の教室は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、開催中止となりました。

日時

令和4年3月5日(土曜日)午後2時~4時30分(中止)

会場

総合福祉会館(前橋市日吉町二丁目17‐10)

対象・定員

市内在住・在勤・在学の中学生以上で要約筆記未経験者24人(抽選)

費用

無料

申込

令和4年2月18日(金曜日)までに普通ハガキで。住所・氏名(ふりがな)・電話番号を記入し、〒371-0014前橋市朝日町三丁目36‐17市保健所内障害福祉課「要約筆記体験教室担当」へ。

要約筆記者養成研修(要約筆記者を目指したい方)

 前橋市では、要約筆記者の役割・責務等について学び、要約筆記に必要な知識と技術を習得した要約筆記者を養成する講座を群馬県と高崎市との共催により開催しています。
 毎年、4月から5月頃に群馬県のホームページ(新しいウィンドウで開きます)等で受講者の募集をしています。

この記事に関する
お問い合わせ先

福祉部 障害福祉課 福祉サービス係

電話:027-220-5711 ファクス:027-223-8856
〒371-0014 群馬県前橋市朝日町三丁目36番17号
お問い合わせはこちらから

更新日:2019年06月23日