前橋市市有施設におけるESCO事業について

前橋市では、省エネルギーの推進及び環境負荷の低減、さらに光熱水費等の効果的な削減を図るため、その有力な手法のひとつである「ESCO(Energy Service Company)事業」を推進します。

ここでは、前橋テルサESCO事業、ヤマダグリーンドーム前橋ESCO事業の概要や実績等について紹介します。

前橋テルサESCO事業<産業政策課>

事業の概要について

前橋テルサESCO事業は、前橋市の市有施設における最初のESCO事業として、自己資金で改修するギャランティード・セイビングス方式で導入しています。

ESCO事業者は対象設備の改修後、ESCOサービス期間内において、ESCO設備の運転管理及び維持管理を自らの責任で行い、適切な計測・検証手法の導入により、市の利益及び省エネルギー効果を保証することとなります。

事業の概要
(1)施設概要 前橋テルサ
所在:前橋市千代田町二丁目5番1号
延床面積:14,843平方メートル
建築構造:鉄骨鉄筋コンクリート・鉄骨造、陸屋根、地上12階、地下1階、塔屋1階
竣工年度:平成4年度(1992年)
(2)事業方式 ギャランティード・セイビングス方式(自己資金活用型)
(3)ESCOサービス期間 6年間(平成28年4月1日から平成34年3月31日まで)
(4)施設整備費 689,268千円
(5)削減額(計画) 光熱水費年間削減予定額:8,250千円(1年あたり)
維持管理費年間削減予定額:2,231千円(1年あたり)
(6)省エネ率(計画) 16.32%
(7)CO2削減率(計画) 16.13%
(8)主な改修内容
  1. 空調熱源の高効率化
    1-1 高効率インバーターターボ冷凍機の採用
    1-2 高効率蒸気ボイラへの更新、台数分割による台数制御運転
  2. 熱搬送動力の削減
  3. データの見える化によるエネルギーマネジメント
  4. ECO Impact ディスプレイの設置
  5. 給湯・蒸気・排水の主配管(横主管・枝管を除く)の更新

事業計画について

(グラフ)事業計画

(注意)上記グラフは、それぞれ年間の状況を示しています。

(注意)ESCOサービス期間終了後の維持管理費は想定の金額であり、変動する可能性があります。

事業実績について

ESCO事業の実績は、以下のファイルをご覧ください。(クリックすると開きます)

ヤマダグリーンドーム前橋ESCO事業<公営事業課>

事業の概要について

ヤマダグリーンドーム前橋ESCO事業は、前橋テルサESCO事業に続き2番目のESCO事業として、民間資金を活用したシェアード・セイビングス方式で導入しています。

ESCO事業者は本ESCO事業による光熱水費等の削減予定額の範囲内で対象設備を改修し、ESCOサービス期間内において、ESCO設備の運転管理及び維持管理を自らの責任で行い、適切な計測・検証手法の導入により、市の利益及び省エネルギー効果を保証することとなります。

事業の概要
(1)施設概要 ヤマダグリーンドーム前橋
所 在:前橋市岩神町一丁目2番地1
延床面積:60,302平方メートル
建築構造:地上6階、地下1階、塔屋1階
竣工年度:平成2年度(1990年)
(2)事業方式 シェアード・セイビングス方式(民間資金活用型)
(3)ESCOサービス期間 15年間(平成28年6月1日から平成43年5月31日まで)
(4)施設整備費 1,256,544千円
(5)削減額(計画) 光熱水費年間削減予定額 30,518千円(1年あたり)
維持管理費年間削減予定額 2,935千円(1年あたり)
(6)省エネ率(計画) 29.15%
(7)CO2削減率(計画) 28.57%
(8)主な改修内容
  1. ガス吸収式冷温水発生機の高効率化
  2. 外気量制御による空調負荷削減及び空調ファン動力の削減
  3. 照明の高効率化
  4. 誘導灯の高効率化
  5. 節水装置の設置による水使用量の削減
  6. エネルギーマネジメントシステムの導入

事業計画について

(グラフ)事業計画

(注意)上記グラフは、それぞれ年間の状況を示しています。

(注意)ESCOサービス期間終了後の維持管理費は想定の金額であり、変動する可能性があります。

事業実績について

ESCO事業の実績は、以下のファイルをご覧ください。(クリックすると開きます)

この記事に関する
お問い合わせ先

環境部 環境森林課

電話:027-898-6292 ファクス:027-223-8524
〒371-8601 群馬県前橋市大手町二丁目12番1号
お問い合わせはこちらから

更新日:2020年03月03日