PM2.5の対応について

 PM2.5(微小粒子状物質)の前橋市内の状況については、群馬県が前橋市上沖町の群馬県衛生環境研究所に設置している常時監視局で測定を実施しております。測定結果に関しては群馬県大気汚染情報をご覧ください。

群馬県ホームページ

PM2.5注意報発令について

PM2.5に関する注意喚起のための暫定的な指針を国が策定したことを受け、群馬県では「PM2.5注意報」をPM2.5の大気中濃度が高くなった場合に発令します。

注意報発令基準

  1. PM2.5の大気中濃度が午前5時~7時の1時間値の平均値が1立方メートルあたり85マイクログラムを超え、かつ日平均値が1立方メートルあたり70マイクログラムを超えると見込まれる場合
  2. PM2.5の大気中濃度が 午前5時~12時の1時間値の平均値が1立方メートルあたり80マイクログラムを超え、かつ日平均値が1立方メートルあたり70マイクログラムを超えると見込まれる場合

発令区域

前橋渋川、県西部、桐生みどり、県東南部、利根沼田、吾妻
(注意)前橋市は前橋渋川に含まれます。

対象期間

注意報が発令された日の24時まで
ただし、発令した日の19時までの間で、発令区域内の全ての測定局でPM2.5大気中濃度の1時間値が、
2時間連続して1立方メートルあたり50マイクログラムを下回った場合、注意報を「解除」します。

注意報発令時のお知らせ方法

注意報が発令された場合には、本市ホームページ及びまちの安全ひろメールにて市民の皆様へお知らせいたします。(月曜日~金曜日)

 (注意)土曜・日曜・祝日については群馬県ホームページにてご確認ください。

注意報発令時の注意点

 注意報が発令されても直ちに健康に影響があるものではありません。落ち着いて対応してください。

  • 屋外での長時間の激しい運動や外出はできるだけ減らしましょう。
  • 屋内における換気や窓の開閉を最小限にしましょう。
  • 呼吸器系や循環器系疾患のある方、小児、高齢者等の高感受性者は体調に応じて、より慎重に行動しましょう。

PM2.5に係る環境基準

人の健康の適切な保護を図るために維持されることが望ましい水準として以下のとおり環境基準が定められています。

1年平均値 1立方メートルあたり15マイクログラム以下 かつ 1日平均値 1立方メートルあたり35マイクログラム以下
(平成21年9月設定)

PM2.5とは

大気中を漂う粒径2.5マイクロメートル以下(1マイクロメートル=0.001ミリメートル)の小さな粒子のことです。PM2.5は粒径が非常に小さい粒子(髪の毛の太さの1/30程度)であることから、肺の奥深くまで入りやすく、呼吸器系や循環器系への影響が懸念されることから環境基準が定められています。

この記事に関する
お問い合わせ先

環境部 環境政策課

電話:027-898-6292 ファクス:027-223-8524
〒371-8601 群馬県前橋市大手町二丁目12番1号
お問い合わせはこちらから

更新日:2019年02月01日