消毒ポイントを設置しました(11月7日以降、一部移設あり)

国内での豚コレラの発生が終息しておらず、県内の山林でも豚コレラに感染した野生イノシシが確認されています。本市への豚コレラウイルスの侵入を防ぐため、市内4ヶ所にセルフ式の消毒ポイントを設置しました。

畜産関係車両や豚コレラ発生地域を通過した車両の運転手が、設置されている動力噴霧器でタイヤ等を消毒するものです。

なお、野生イノシシによるウイルスの伝播も考えられるため、山林等へ入山・下山する一般の方も、畜産関係者に関わらずご活用ください。

場所

  • JA前橋市 営農部アグリサポートセンター(江木町770-1)
  • JA前橋市 宮城カントリーエレベーター(鼻毛石町651-3) 11月8日にアグリサポートセンター粕川から移設
  • JA前橋市 北部営農センター(富士見町田島259-1)
  • JA前橋市 南部営農センター(上佐鳥町417-1) 11月7日に南部支所から移設

日時

令和元年10月3日(木曜日)から12月28日(土曜日)まで(予定)

午前8時30分から午後5時30分まで

※悪天候等により、一時的に休止する場合があります。

一般の方はJA-SSでも消毒できます

県内62ヶ所の給油所(JA-SS)では、登山や山菜採りなどで入山した一般の方向けに、車両のタイヤや靴底を消毒できるよう、セルフの消毒ポンプ(噴霧器)を設置しています。

市内にも7ヶ所のJA-SSがありますので、上記の消毒ポイントと併せてご活用ください。

JA-SSの場所や営業時間等は、下記リンクをご覧ください。

 

この記事に関する
お問い合わせ先

農政部 農政課 畜産係

電話:027-898-6705 ファクス:027-223-8527
〒371-8601 群馬県前橋市大手町二丁目12番1号
お問い合わせはこちらから

更新日:2019年11月07日