前橋競輪開催事業等委託先事業者の「優先交渉権者」が決定しました

 前橋競輪が継続的に収益を確保し、地方財政への寄与という公営事業としての役割を果たし続けるためには、官民連携方式(競輪開催事業等の民間委託)により、各々の活力を有機的かつ最大限に活かした事業運営の実現が必要です。
 この度、公募型プロポーザル方式により事業者を募集し、厳正な審査を行った結果、下記のとおり優先交渉権者が決定しましたのでお知らせします。

審査日

令和元年11月6日(水曜日)

選定事業者(優先交渉権者)

代表事業者:日本トーター株式会社
構成事業者:他3社

委託期間

令和2年4月1日から令和8年3月31日まで(6年間)

委託料率

車券総売上額の4.1%(消費税別)
※売上見込み1072億円、業務委託料見込み48.3億円(税込)
※限度額54億円(債務負担6年間合計)

今後の予定

選定業者との契約 令和元年12月中
引継期間               令和2年1月~3月
民間委託開始        令和2年4月1日

選定結果について(詳細)

この記事に関する
お問い合わせ先

産業経済部 公営事業課 管理係

電話:027-235-2000 ファクス:027-232-3892
〒371-0035 群馬県前橋市岩神町一丁目2番地1 ヤマダグリーンドーム前橋
お問い合わせはこちらから

更新日:2019年11月15日