転入届について

制度概要

前橋市外から前橋市の区域内へ住所を定めることを転入といい、転入の届出とは、転入をした方が転入をした日(前橋市の区域内に生活の本拠が移った日)から14日以内に、その氏名、新しい住所、転入をした年月日、従前の住所等を前橋市長に届け出ることをいいます。
なお、転入の届出をする前に、必ず前住所地の市町村役場で転出の届出を行い、転出証明書の発行を受けてください。
転出証明書は、転入の届出を行う際に添付すべき書類となっています(国外から転入された方は不要)。
転入の届出は、転入者本人または代理人が、上記取扱窓口に来庁し、転入届に必要事項を記入して届け出てください。

申請などに必要なもの

  1. 転出証明書
  2. 本人確認できる書類
  3. 健康保険証(注意)福祉医療受給資格者の場合
  4. 異動者のマイナンバーカードまたは住民基本台帳カード

(注意)マイナンバーカード・住民基本台帳カードは全員分の暗証番号の入力が必要になります。
(注意)本人確認書類の詳細については下記リンクの住民異動届における本人確認についてをご参照ください。

国外から転入された日本人の方

  1. 異動者のパスポート(旅券)
  2. 戸籍全部事項証明書(謄本)または一部事項証明書(抄本)
  3. 戸籍の附票(一部または全部)

(注意)2、3は本籍地が前橋市の場合は、省略できます。
(注意)入国審査のときにパスポートに押印されるスタンプ(証印)で帰国日を確認しています。自動化ゲートを通る場合は、出入国在留管理庁の職員に申し出し、入国スタンプの押印を受けるようお願いします。スタンプがない場合は、パスポートのほかに、帰国日が分かるもの(搭乗チケットの半券や、荷物のタグ)を必ずお持ちください。

国外から転入された外国人の方

  1. 異動者の入国日が記載されたパスポート(旅券)
  2. 特別永住者証明書または在留カード

ただし、即日交付されなかった場合は、その旨の記載のあるパスポート(旅券)

取り扱い窓口

市役所市民課(1階5番窓口)、各支所、上川淵・桂萱・東・元総社・南橘市民サービスセンター、K'BIX元気21まえばし(前橋プラザ元気21)証明サービスコーナー

(注意)証明サービスコーナーでの手続きには条件があります。また、電話での事前予約が必要です。必ず下記リンクをご確認ください。
(注意)上記以外の市民サービスセンターおよび各証明交付コーナーではお取り扱いできません。

提供書式

住民基本台帳法では、異動者本人または同一世帯員以外の者からの住民異動届については「委任状」が必要になりますので、ご注意ください。
正当な理由がなく、前橋市に住み始めてから14日以内に転入の届出を行わないと、住民基本台帳法第53条の規定により、5万円以下の過料に処せられることがあります。
また、新しい住所に住んでいないにもかかわらず、住んでいると偽って届出をした場合、刑法第157条の規定により5年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処せられることがあります。

行政手続法(条例)などの処理基準

  • 住民基本台帳法第22条、26条、27条、53条
  • 住民基本台帳施行令第26条

受付時間

平日の午前8時30分から午後5時15分まで
(注意)証明サービスコーナーでの住民異動届(一部)は予約制となっています。
予約受付時間は下記リンクからご確認ください。

この記事に関する
お問い合わせ先

市民部 市民課 住民係

電話:027-898-6106 ファクス:027-243-3906
〒371-8601 群馬県前橋市大手町二丁目12番1号
お問い合わせはこちらから

更新日:2021年04月01日