前橋市最終処分場施設整備方針を策定しました

前橋市最終処分場施設整備方針

前橋市では、循環型社会の形成を目指し、ごみの減量化・資源化に向けた取り組みを進めておりますが、焼却した後に残る灰や、陶器片などの資源化できない不燃残渣は、最終処分場に埋立処分しています。現在、荻窪町と富士見町石井の市内2か所にある最終処分場では、年数の経過とともに埋立て可能な残余容量が減少しています。

そこで、既存最終処分場の埋立終了後における本市の処理方法について、廃棄物処理の現状や廃棄物を取巻く環境を踏まえた上で検討を行い、今後の整備方針を策定しました。

主な項目

  1. 整備方針の概要
  2. 廃棄物処理及び既存最終処分場の現状
  3. 既存最終処分場の埋立終了後の処理方式の検討
  4. 「最終処分場の新設」と「民間へのごみ処理委託」の比較検討
  5. 新最終処分場整備の基本方針
  6. 建設候補地の適地選定作業に係る基本方針の立案
  7. 事業スケジュールの整理
  8. 財政計画の整理
  9. 資料編

データ

この記事に関する
お問い合わせ先

環境部 清掃施設整備室

電話:027-898-5846 ファクス:027-223-8524
〒371-8601 群馬県前橋市大手町二丁目12番1号
お問い合わせはこちらから

更新日:2019年02月01日