施設利用の案内

公民館は、市民の教養の向上、健康や社会福祉の増進などに寄与することを目的とした社会教育施設です。

※現在、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、「新しい生活様式」に基づくご利用をお願いしています。ガイドラインを必ずご確認ください。
今後の感染状況によっては、部屋利用を中止する場合もあります。)

 

1 使用について

公民館は公益を害する恐れがあるとき、または、営利行為を目的とした利用はできません。また、政治活動や宗教活動を目的とした利用の場合、利用を制限させていただく場合があります。

  1. 公民館では、講師自ら団体の運営に関与したり、参加者を募って参加費を徴収して行う教室等を開くことはできません。
  2. 次のような場合、使用許可の変更または取り消しをすることがあります。
    • 施設管理上支障が生じると思われるとき
    • 申請の内容と異なった使用がわかったとき
  3. 1つの団体が1ヶ月に利用できる回数は原則4回までです。(4コマです)
  4. 利用できる時間帯(1コマ)は下記のとおりです。
    • 午前 午前9時から正午まで
    • 午後 午後1時から午後5時まで
    • 夜間 午後6時から午後10まで
  • (注意)いずれも利用後の片付け、清掃の時間を含みます。夜間の利用では、午後10時までに必ず退館するようお願いします。
  • (注意)毎月第1・第3月曜日と12月29日から1月3日までは休館日のため利用できません。(第1・第3月曜日の窓口業務は行っております。)

2「新しい生活様式」に基づく利用のガイドライン(8月3日一部改訂)

必ずご確認ください!
現在、新型コロナウイルスの感染拡大を長期的に防ぐため、「新しい生活様式」に基づいた公民館利用をお願いしています。

「3密(密閉、密集、密接)」を防ぎ、なるべく安全にお使いいただくために、以下のガイドラインをご確認の上ご利用ください。本ガイドラインに沿った活動ができない場合は、利用をお控えください。 ご理解、ご協力をお願いします。

1 発熱又は体調が悪い場合は参加しない。
・自宅で検温し、平熱よりも高い場合や体調が少しでも悪い場合は、参加を見合わせてください。
・検温を忘れた場合は、事務室で体温計をお貸しします。(窓口開設時間帯)

2 施設の入退館時に、石けんによる手洗いや手指の消毒を行う。
・消毒液は公民館入口と2階ロビーにあります。
・活動中も、なるべくこまめな手洗い等をお願いします。

3 マスクの着用を原則とする。ただし、熱中症に留意、小児については柔軟に対応する。
・マスク着用のままだと活動できない内容(管楽器、吹矢等)については、十分な飛沫感染対策を取った上で一時的に外すことも可とします。
・熱中症予防のため、周囲の人と十分な距離をとり、適宜マスクを外して休憩を取るようにしてください。また、参加者の年齢や体力を考慮し、負荷の大きい作業や運動は避けてください。
・小児のマスク着用の危険性が指摘されています。2歳未満には着用させない、それ以上の小児にも、一律に着用を求めないこととします。(日本小児科医会の公式見解)

4 定期的に窓を開けて換気を行う。
・30分に1回以上、窓や出入口を数分間、全開にしてください。ただし、発声や音楽等が他のグループの騒音にならないよう注意してください。

5 多人数での利用は控え、参加者が後日特定できるようにしておく。(濃厚接触者調査等に必要)
・部屋の定員を変更しました。必ず守ってください。
・代表者の方は出席者を把握しておいてください。(可能であれば利用報告書の裏面に記入してください。)

6 人との間隔は最低1m(できるだけ2m)空ける。近距離の対面した座席の配置はしない。
・前後左右の間隔を空けて、横並びの座席としてください。
・近距離の会話、向かい合った会話はお控えください。

7 発声を伴う活動は、十分な飛沫感染対策を取った上で行う。また、利用者どうしの体が触れる活動は、なるべく控える。
・人との間隔を空け対面を避けた上で、活動内容に応じて一時的に体が触れることは可とします。(フォークダンス等)

8 館内で飲食(水分補給は除く)は行わない。ただし、会の活動自体が飲食を伴う場合(料理や茶道のクラブ等)は、十分な飛沫感染対策を取った上で、飲食も可とする。
・飲食の際は人との間隔を空け、横並びで座り、会話は控えてください。
・調理実習中もマスクを着用し、人との間隔を最低1m空けてください。(調理台の使用は1台につき2人まで)
・熱中症予防のため飲み物を持参し、こまめな水分補給をお願いします。

9 利用後は、ドアノブや机、イス、マーカーなど手が触れた場所の消毒を行う。また、物品を共用する活動(囲碁、麻雀等)は、適宜、使用物品の消毒を行う。
・ 消毒液は、平日昼間は窓口でお渡しします。夜間、土日、祝日は部屋に置いておきます。ただし、会の物品用の消毒液は、各回で用意してください。

※ご利用後に、感染者や濃厚接触者が発生した場合は公民館へご連絡ください。(027-266-5775)
※このガイドラインは、状況の変化によって変更する場合があります。

3 団体登録について

公民館をはじめて利用される団体は、「公民館利用団体概要書」を提出し、登録をお願いします。また、部屋の有効利用を図るうえで、個人利用ではなく、3人以上で構成された団体での利用をお願いします。
さらに、団体の構成員の半数以上が前橋市在住・在勤・在学であること、かつ代表者は前橋市内在住の方でなければ登録・利用できません。
代表者・団体名など、公民館利用団体概要書に記載した内容に変更が生じたときは、すみやかに変更届を提出してください。
団体の会費や講師への謝礼金等については、公民館は生涯学習活動の場という観点を考慮し決めてください。
以上の点に留意し、公民館に提出してください。

書式

4 利用予約・申請について

  1. 当館の利用予約は、当月を含めて3ヶ月分できます。
    例)現在が平成27年4月の場合は、平成27年4、5、6月分の部屋の予約ができます。
  2. 「公民館利用許可申請書」に記入のうえ公民館事務室に提出し、使用許可を受けてください。申請書の受付は、月曜日~金曜日の午前8時30分から午後5時15分までです。(ただし、祝日・年末年始は休館です)

書式

  1. やむをえず使用が中止になったり、変更が生じた場合はすみやかに公民館へ連絡してください。
  2. 使用料の減免制度があります。詳しくは公民館にお問い合わせください。
  3. その他、詳細は公民館にお問合せください。

5 永明公民館施設案内

各部屋の情報を一覧で表示しています。

永明公民館施設使用料のご案内
※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、当分の間、定員を変更いたします。
部屋名 収容人員 利用時間 使用料 備考 部屋の様子(通常時)
多目的ホール
(公民館1階)
50人 (午前)午前9時から正午
(午後)午後1時から午後5時
(夜間)午後6時から午後10時
1,540円
2,080円
2,080円
約236平方メートル 永明公民館1階多目的ホール紹介写真
第1会議室
(公民館1階)
15人 (午前)午前9時から正午
(午後)午後1時から午後5時
(夜間)午後6時から午後10時
320円
440円
440円
約50平方メートル 永明公民館1階第一会議室紹介写真
料理実習室
(公民館1階)

8人

(午前)午前9時から正午
(午後)午後1時から午後5時
(夜間)午後6時から午後10時
320円
440円
440円
約52平方メートル 永明公民館1階調理実習室紹介写真
工作室
(公民館1階)
8人 (午前)午前9時から正午
(午後)午後1時から午後5時
(夜間)午後6時から午後10時
270円
320円
320円
約38平方メートル 永明公民館1階工作室紹介写真
生活相談室
(公民館1階)
(和室)
15人 (午前)午前9時から正午
(午後)午後1時から午後5時
(夜間)午後6時から午後10時
320円
490円
490円
18畳 永明公民館1階生活相談室紹介写真
研修室
(公民館2階)
24人 (午前)午前9時から正午
(午後)午後1時から午後5時
(夜間)午後6時から午後10時
490円
710円
710円
約79平方メートル 永明公民館2階研修室紹介写真
第2会議室
(公民館2階)
(和室)
12人 (午前)午前9時から正午
(午後)午後1時から午後5時
(夜間)午後6時から午後10時
320円
440円
440円
21畳 永明公民館2階第2会議室紹介写真
視聴覚室
(公民館2階)
14人 (午前)午前9時から正午
(午後)午後1時から午後5時
(夜間)午後6時から午後10時
320円
440円
440円
約49平方メートル 永明公民館2階視聴覚室紹介写真

利用方法など詳しくはお電話にてお問い合わせください。
公民館利用許可申請書等の様式については、上記ファイルのほか申請書ダウンロードコーナーにも掲載しております。

関連記事

この記事に関する
お問い合わせ先

市民部 生活課 永明市民サービスセンター(公民館)

電話:027-266-5775 ファクス:027-266-9312
〒379-2121 群馬県前橋市小屋原町1857-3
お問い合わせはこちらから

更新日:2020年07月13日