六供清掃工場の余剰電力を活用した自己託送実証事業を実施します

六供清掃工場で発電した余剰電力を市有施設に送電して活用する自己託送実証事業をJFEエンジニアリング株式会社及びアーバンエナジー株式会社と協働して実施します。自己託送を活用した電力供給の取組は、県内自治体では初の試みとなります。

自己託送の仕組み

自己託送とは、発電した電力を一般送配電事業者が維持・運営する送電網を介して供給するもので、清掃工場から託送先の施設に自営線を引くなどの工事をせずとも送電が可能となります。
対象となる施設では、ベース電力を自己託送で賄い、不足する電力は小売供給を受けます。

自己託送のイメージ

自己託送のイメージ図

期待される効果

廃棄物の処理に伴い発生する熱を利用して発電するエネルギーは、化石燃料(石炭、石油、天然ガス等)を燃やす火力発電と異なり、カーボンニュートラルなエネルギーと言われているため、六供清掃工場で発電した余剰電力の活用によって、市有施設における電力の使用に伴う温室効果ガス排出量の削減を図ることができます。
また、市有施設で生み出した電力を自ら使用することによって、電力料金の低減効果が期待されます。

※カーボンニュートラルなエネルギー:太陽光発電のように、人為的に大気中に排出される二酸化炭素がゼロのエネルギー

事業スケジュール

令和3年12月から令和5年9月末まで

図書館、障害者教養文化体育施設にて六供清掃工場からの自己託送を開始し、翌月から支所や総合福祉会館を順次追加します。
令和4年10月からは市役所本庁舎や水質浄化センターなど、大規模な施設を追加して実施する予定です。
なお、実証事業によって自己託送を行うことが有効である旨の結果が得られた場合は、本格導入を目指すこととします。

事業スケジュール

関連リンク

この記事に関する
お問い合わせ先

環境部 環境森林課 環境政策係

電話:027-898-6292 ファクス:027-223-8524
〒371-8601 群馬県前橋市大手町二丁目12番1号
お問い合わせはこちらから

更新日:2021年12月06日